今日の臨床サポート

硬膜外血腫

著者: 池上史郎1) 千葉大学大学院医学研究院脳神経外科

著者: 佐伯直勝2) 脳神経内科 津田沼

監修: 甲村英二 公立学校共済組合 近畿中央病院

著者校正/監修レビュー済:2018/08/23
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 硬膜外血腫とは、頭蓋骨内面に付着した硬膜と頭蓋骨との間隙に血腫を形成する外傷性頭蓋内血腫の一種である。
  1. 急性硬膜外血腫のみでは脳実質の一次損傷を生じることはまれで、血腫増大による脳実質圧迫による症状が問題となり、その間の意識清明期(lucid interval)が典型的とされる。
  1. 重症例では時間経過によって急性硬膜下血腫、脳挫傷などの病変が生じる場合があるので注意を要する。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり ます。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契 約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要 となります 。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
池上史郎 : 特に申告事項無し[2021年]
佐伯直勝 : 未申告[2021年]
監修:甲村英二 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン
  1. 外傷初期診療ガイドラインJATEC 改訂第5版
に基づき確認を行った(新たな知見なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 硬膜外血腫は、頭蓋骨内面に付着した硬膜と頭蓋骨との間隙に血腫を形成する外傷性頭蓋内血腫の一種である。
  1. 急性硬膜外血腫のみでは脳実質の一次損傷を生じることはまれで、血腫増大による脳実質圧迫による症状が問題となり、その間の意識清明期(lucid interval)が典型的とされる。
  1. 重症例では時間経過によって急性硬膜下血腫、脳挫傷などの病変が生じる場合があるので注意を要する。
  1. 主な原因としては、交通事故や転落外傷が挙げられる。
  1. 多くは、頭部打撲部の直下の血管(中硬膜動脈・静脈、静脈洞や板間静脈など)の直接損傷により生じる。
  1. 頭蓋骨骨折による頭蓋骨内面血管溝内の硬膜血管の損傷によることが多いが、頭蓋骨骨折を伴わないこともある。
問診・診察のポイント  
  1. 呼吸・循環状態の評価、意識障害(グラスゴー・コーマ・スケール[GCS]やジャパン・コーマ・スケール[JCS])、局所症状の有無を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: R A Zimmerman, L T Bilaniuk
雑誌名: Radiology. 1982 Sep;144(4):809-12. doi: 10.1148/radiology.144.4.7111729.
Abstract/Text
PMID 7111729  Radiology. 1982 Sep;144(4):809-12. doi: 10.1148/radiolo・・・
著者: F Cordobés, R D Lobato, J J Rivas, M J Muñoz, D Chillón, J M Portillo, E Lamas
雑誌名: J Neurosurg. 1981 Feb;54(2):179-86. doi: 10.3171/jns.1981.54.2.0179.
Abstract/Text A consecutive, unselected series of 82 patients with epidural hematoma treated between 1973 and 1980 is presented. Forty-one patients were managed before the advent of computerized tomography (CT) and the other 41 after this neuroradiological method was available. Mortality and disability rates which were 29.2% and 31.7% during the pre-CT period decreased to 12.1% and 19.5%, respectively, with the aid of CT scanning. This technique allowed a more rapid and accurate diagnosis of the hematomas than angiography, and defined better the presence and the evolutional changes of the associated cerebral lesions. As a consequence, surgery has been more effectively planned and executed during the CT era.

PMID 7452331  J Neurosurg. 1981 Feb;54(2):179-86. doi: 10.3171/jns.19・・・
著者: M Holzschuh, B Schuknecht
雑誌名: Br J Neurosurg. 1989;3(2):171-80.
Abstract/Text Twenty patients with an epidural haematoma of the posterior fossa (EPIPF) among a total number of 359 patients with an epidural haematoma are reported (5.6%). Nine patients obtained a good outcome, four patients had a moderate disability and seven patients died (mortality 35%). Mortality of the acute cases was 50%, of the subacute cases 20%. In general, the clinical features were uncertain. Sixteen cases showed an occipital skull fracture or diastasis of the lambdoid suture respectively. A total number of 127 cases with EPIPF from the literature since 1961 was studied. The mortality in the CT-diagnosed group ran to 21.7% and to 25.9% in the group without CT. None of the patients showing a subacute course died when the diagnosis was made by CT, in the group without CT, however, four patients out of 11 subacute cases died. Head injured patients with an occipital trauma should therefore undergo CT scanning to detect a surgically significant lesion before clinical deterioration occurs.

PMID 2679686  Br J Neurosurg. 1989;3(2):171-80.
著者: J J Rivas, R D Lobato, R Sarabia, F Cordobés, A Cabrera, P Gomez
雑誌名: Neurosurgery. 1988 Jul;23(1):44-51.
Abstract/Text The clinical and computed tomographic (CT) findings in a series of 161 consecutive patients operated upon for postraumatic extradural hematoma are analyzed. Thirteen (8%) patients had delayed epidural hematoma formation. The overall mortality for the series was 12%, significantly lower than that observed during the prior "angiographic" period at the same unit (30%). Because all but 1 of the deaths occurred among the 66 patients unconscious at the time of operation (27% mortality in this subgroup), the authors sought differential factors between comatose and noncomatose patients at operation. There were no significant differences between these groups in age, sex, mechanism of injury, preoperative course of consciousness (lucid interval or not), or epidural hematoma location and shape. In contrast, significant differences were seen between the two subgroups in trauma-to-operation interval, hematoma volume, CT hematoma density (mixed low-high CT density vs. homogeneous hyperdensity), midline displacement, severity of associated intracranial lesions, and postoperative intracranial pressure (ICP). Patients comatose at operation usually evidenced a more rapid clinical deterioration (a shorter trauma-to-operation interval) and tended to have a large hematoma volume, a higher incidence of mixed CT density clot (hyperacute bleeding), more marked shift of midline structures, more severe associated lesions, and higher postoperative ICP levels.

PMID 3173664  Neurosurgery. 1988 Jul;23(1):44-51.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから