今日の臨床サポート

肝腫大

著者: 川合弘一1) 新潟県立新発田病院 内科

著者: 青柳豊2) 厚生連新潟医療センター 消化器病センター

監修: 金子周一 金沢大学大学院

著者校正/監修レビュー済:2021/07/28
参考ガイドライン:
  1. 日本肝臓学会:B型肝炎治療ガイドライン第3.4版
  1. 日本肝臓学会:C型肝炎治療ガイドライン第8版
  1. 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会:サルコイドーシス診療の手引き 2020
  1. アミロイドーシスに関する調査研究班:アミロイドーシス診療ガイドライン2010
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 腹部診察での打診、触診、聴診による肝腫大の判定は、信頼性が低いことを認識しておく必要がある。診察上肝腫大を認めなくとも、他の診察所見や検査所見から肝腫大を伴うような疾患が想起される場合、積極的に腹部エコーなどの画像検査で確認すべきである(推奨度2)。
  1. アミロイドーシスは、肝腫大から想起されにくいことがある。アミロイドーシスの診断で最も重要なことは、患者の症候からまずアミロイドーシスを疑うことである。全身性アミロイドーシスは、多臓器障害がみられる点が診断のポイントである(推奨度1)。
  1. サルコイドーシスは原因不明の全身性(多臓器性)肉芽腫性疾患である。診断には、肝臓以外の臓器の臨床所見にも着目することが重要である(推奨度1)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
川合弘一 : 特に申告事項無し[2021年]
青柳豊 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:金子周一 : 研究費・助成金など(バイエル薬品株式会社,株式会社キュービクス,アボットジャパン合同会社,日東電工株式会社,株式会社スギ薬局,株式会社サイトパスファインダー),奨学(奨励)寄付など(小野薬品工業株式会社,エーザイ株式会社,株式会社ツムラ,アッヴィ合同会社,大日本住友製薬株式会社,ゼリア新薬工業株式会社,塩野義製薬株式会社,大塚製薬株式会社,アステラス製薬株式会社,田辺三菱製薬株式会社,マイランEPD合同会社,EAファーマ株式会社,大鵬薬品工業株式会社,中外製薬株式会社,協和キリン株式会社,持田製薬株式会社,日本ケミファ株式会社,LifeScan Japan株式会社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、最新のB型肝炎治療ガイドライン、C型肝炎治療ガイドライン、サルコイドーシス診療の手引き2020の情報を追加した。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 肝腫大の原因疾患は多岐にわたるが、重篤な肝病変や全身性疾患が存在する可能性があるため、原因を速やかに特定しなければならない。
  1. 原因となる病態としては、炎症、胆汁うっ滞、物質沈着、細胞浸潤、腫瘤、うっ血に分類できる。
  1. 疾患によっては、病態の改善や進行に伴い肝腫大が消失したり、肝萎縮に転ずる場合もあるため、診断の際には病期や進行速度の把握も重要である。
問診・診察のポイント  
 
  1. 肝疾患のみならず、肝腫大を来し得る他臓器疾患や全身性疾患に関わる問診・診察が必要である。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: C D Naylor
雑誌名: JAMA. 1994 Jun 15;271(23):1859-65.
Abstract/Text
PMID 8196144  JAMA. 1994 Jun 15;271(23):1859-65.
著者: M Zoli, D Magalotti, M Grimaldi, C Gueli, G Marchesini, E Pisi
雑誌名: Am J Gastroenterol. 1995 Sep;90(9):1428-32.
Abstract/Text OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate the actual role of physical examination of the liver in normal subjects and in cirrhotic patients.
METHODS: One hundred healthy subjects and 100 patients with liver cirrhosis underwent a physical and an ultrasonographic evaluation of the liver by independent operators. Physical examination was performed by means of percussion and palpation to determine total liver span, liver span below the costal margin, and liver consistency. Total liver span, liver span below the costal margin, and liver volume were also determined by means of ultrasonography.
RESULTS: The agreement between physical and ultrasonographic assessment of the liver span below the costal margin was poor in controls (chance corrected agreement index = 0.13) and excellent in patients (chance corrected agreement index = 0.93). Physical and ultrasonographic total liver span were correlated in patients with cirrhosis (r = 0.592) but not in controls (r = 0.205). Echo-measured liver span significantly correlated with the actual volume of the organ in both groups, whereas physical liver span significantly correlated with liver volume in cirrhosis but not in controls. The difference between actual liver volume and the value predicted by liver span was large. The cirrhotic liver was slightly reduced in size in comparison with that of healthy subjects and differed by an increase in consistency and a thickened edge.
CONCLUSIONS: The bedside examination of the liver does not provide any accurate information regarding the actual volume of the organ. Its major role remains to define the characteristics of lower edge, mainly consistency, which may help in clinical diagnosis. Liver volume proved to predict prognosis in patients with cirrhosis, but its measurement needs quantitative, reproducible methods, which can be obtained only by imaging techniques.

PMID 7661163  Am J Gastroenterol. 1995 Sep;90(9):1428-32.
著者: Tomohiro Iwasaki, Hirokazu Kawai, Koushi Oseki, Tadayuki Togashi, Kazuhiko Shioji, Satoshi Yamamoto, Yoshinobu Sato, Kenji Suzuki, Ken Toba, Minoru Nomoto, Katsuyoshi Hatakeyama, Yutaka Aoyagi
雑誌名: Hepatol Res. 2012 Feb;42(2):213-8. doi: 10.1111/j.1872-034X.2011.00913.x.
Abstract/Text A 22-year-old Japanese woman was found to have severe esophageal varices and then suffered from hepatic encephalopathy. She was diagnosed with Budd-Chiari syndrome (BCS) due to hepatic vein (HV) thrombosis accompanied by portal vein thrombosis without inferior vena cava (IVC) obstruction. Latent myeloproliferative neoplasm (MPN) lacking the JAK2-V617F mutation was considered to be the underlying disease. Liver transplantation was strikingly effective for treating the clinical symptoms attributable to portal hypertension. Although thrombosis of the internal jugular vein occurred due to thrombocythemia, which manifested after transplantation despite anticoagulation therapy with warfarin, the thrombus immediately disappeared with the addition of aspirin. Neither thrombosis nor BCS has recurred in more than 4 years since the amelioration of the last thrombotic event, and post-transplant immunosuppression with tacrolimus has not accelerated the progression of MPN. In Japan, IVC obstruction, which was a predominant type of BCS, is suggested to have decreased in incidence with recent improvements in hygiene. The precise diagnosis of BCS and causative underlying diseases should be made with attention to the current trend of the disease spectrum, which fluctuates with environmental sanitation levels. Because the stepwise strategy, including liver transplantation, has been proven effective for patients with pure HV obstruction in Western countries, this strategy should also be validated for utilization in Japan and in developing countries where HV obstruction potentially predominates.

© 2011 The Japan Society of Hepatology.
PMID 22248193  Hepatol Res. 2012 Feb;42(2):213-8. doi: 10.1111/j.1872-・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから