今日の臨床サポート

腹部血管雑音

著者: 廣瀬由美 筑波メディカルセンター病院 総合診療科

監修: 大滝純司 東京医科大学 医学教育学 総合診療科

著者校正済:2021/07/07
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 血圧正常で無症状の若年者における、心窩部で聴取する収縮期の腹部血管雑音は、それだけでは精査の適応とはならない。
  1. 収縮期~拡張期にかけての雑音のある高血圧患者では、腎血管狭窄症の可能性が高い。また、後部(背部)から血管雑音を聴取した場合にも、腎血管性の可能性が高い。
  1. 肝臓上で聴取する動脈雑音は、健常者では<3%だが、肝癌では10~56%であり、基礎疾患などから肝腫瘍が疑われる場合に聴取すればよい。また、脾臓周囲での動脈雑音は、巨脾や膵癌による脾動脈圧迫(感度39%)を疑う所見であるとされる。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
廣瀬由美 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:大滝純司 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 腹部血管雑音とは、腹部で聴取する、主に動脈性の雑音である。安静臥位で、聴診器の膜面を用いて中等度の圧力で押し当てて聴取する。強く押し当てると雑音を生じさせるため注意する。
  1. 健常者でも4~20%で聴取され、若年者で聴取されやすい。腹腔動脈の三分枝の部位から生じることが多い。心窩部で聴取される、収縮期のみの中~低調音であり、この場合は必ずしも精査を要しない[1]
  1. 正中から離れた部位や、収縮期~拡張期にわたって聴取される腹部血管雑音は病的であることが多い。
  1. 収縮期~拡張期にわたって聴取される血管雑音は、大動脈や大きな血管の部分閉塞を示唆する[2]
  1. 高血圧患者の腹部血管雑音は腎血管性高血圧の場合、感度20~78%、特異度64~90%であるとされる。したがって、高血圧患者の血管雑音は精査を必要とする[3]。高ピッチ雑音の頻度が高い。
  1. 他、肝硬変、腹部の腫瘍、動静脈瘻、動脈瘤、血管炎等で腹部血管雑音を聴取すると報告されている[1][2]
問診・診察のポイント  
 
  1. 腹部の聴診は、視診のあと、打診や触診より前に行う。安静臥位で、聴診器の膜面を用いて中等度の圧力で押し当てて聴取し、強く押し当てすぎて動脈を圧迫して雑音を生じさせてしまわないように注意する。心窩部と4領域すべて(右上、右下、左上、左下)で聴取する。部位や音の強度、放散の有無、収縮期か拡張期かを確認する。血管への距離が短くなるため、血管雑音は呼気時ややせ型体形で聴取しやすい[4]
  1. 健常者でも4~20%で腹部血管雑音を聴取する。無症状・正常血圧・基礎疾患のない若年者で、心窩部で収縮期の短い血管雑音を聴取した場合は、病的でないことが多い。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: M J McLoughlin, R J Colapinto, B B Hobbs
雑誌名: JAMA. 1975 Jun 23;232(12):1238-42. doi: 10.1001/jama.232.12.1238.
Abstract/Text The results of abdominal auscultation were correlated with abdominal angiograms in 503 patients. Bruits were heard in 106 (21%). The majority of bruitswere in the epigastrium, mainly because of a high incidence of celiac artery stenosis usually of the extrinsic compression type. Sixty-seven patients had stenoses or occlusions of one or more renal arteries and 27 (40%) had bruits. Most of these patients, however, had other possible causes for their bruits, usually related to atherosclerosis of coincidental celiac compression. Collateral channels were considered to be the cause of epigastric bruits in eight of ten patients with complete occlusion of the celiac artery and in two patients with spelic artery occlusions. Collateral channels may be partly responsible for bruits in many patients with celiac artery stenosis.

PMID 1173385  JAMA. 1975 Jun 23;232(12):1238-42. doi: 10.1001/jama.23・・・
著者: Peter C Grayson, Gunnar Tomasson, David Cuthbertson, Simon Carette, Gary S Hoffman, Nader A Khalidi, Carol A Langford, Carol A McAlear, Paul A Monach, Philip Seo, Kenneth J Warrington, Steven R Ytterberg, Peter A Merkel, Vasculitis Clinical Research Consortium
雑誌名: J Rheumatol. 2012 Feb;39(2):303-9. doi: 10.3899/jrheum.110652. Epub 2011 Dec 15.
Abstract/Text OBJECTIVE: To assess the utility of the vascular physical examination to detect arteriographic lesions in patients with established large vessel vasculitis (LVV), including Takayasu's arteritis (TAK) and giant cell arteritis (GCA).
METHODS: In total, 100 patients (TAK = 68, GCA = 32) underwent standardized physical examination and angiography of the carotid, subclavian, and axillary arteries. Sensitivity and specificity were calculated for the association between findings on physical examination focusing on the vascular system (absent pulse, bruit, and blood pressure difference) and arteriographic lesions defined as stenosis, occlusion, or aneurysm.
RESULTS: We found 67% of patients had at least 1 abnormality on physical examination (74% TAK, 53% GCA). Arteriographic lesions were seen in 76% of patients (82% TAK, 63% GCA). Individual physical examination findings had poor sensitivity (range 14%-50%) and good-excellent specificity (range 71%-98%) to detect arteriographic lesions. Even when considering physical examination findings in combination, at least 30% of arteriographic lesions were missed. Specificity improved (range 88%-100%) if individual physical examination findings were compared to a broader region of vessels rather than specific anatomically correlated vessels and if ≥ 1 physical examination findings were combined.
CONCLUSION: In patients with established LVV, physical examination alone is worthwhile to detect arterial disease but does not always localize or reveal the full extent of arteriographic lesions. Abnormal vascular system findings on physical examination are highly associated with the presence of arterial lesions, but normal findings on physical examination do not exclude the possibility of arterial disease. Serial angiographic assessment is advisable to monitor arterial disease in patients with established LVV.

PMID 22174204  J Rheumatol. 2012 Feb;39(2):303-9. doi: 10.3899/jrheum.・・・
著者: Juan Carlos Jimenez, Michael Harlander-Locke, Erik P Dutson
雑誌名: J Vasc Surg. 2012 Sep;56(3):869-73. doi: 10.1016/j.jvs.2012.04.057. Epub 2012 Jun 27.
Abstract/Text BACKGROUND: Median arcuate ligament syndrome (MALS) is a syndrome associated with chronic abdominal pain and radiographic evidence of celiac artery compression. We compared the evidence for both open and laparoscopic treatment of patients with MALS.
METHODS: We reviewed the English-language literature between 1963 and 2012. Presenting symptoms, clinical improvement, operative details, and intraoperative and postoperative complications were noted.
RESULTS: A total of 400 patients underwent surgical (open and laparoscopic) treatment for MALS. Three hundred thirty-nine patients reported immediate postoperative symptom relief (85%). Late recurrence of symptoms was reported in 19 patients in the open group (6.8%) and seven patients in the laparoscopic group (5.7%). Eleven out of 121 patients (9.1%) in the laparoscopic group required open conversion secondary to bleeding.
CONCLUSIONS: The available evidence demonstrates that both laparoscopic and open ligament release, celiac ganglionectomy, and celiac artery revascularization may provide sustained symptom relief in the majority of patients diagnosed with MALS. The role of arterial revascularization following ligament release remains unclear. The rate of open conversion with the laparoscopic approach is high, but no perioperative deaths have been reported.

Copyright © 2012 Society for Vascular Surgery. Published by Mosby, Inc. All rights reserved.
PMID 22743019  J Vasc Surg. 2012 Sep;56(3):869-73. doi: 10.1016/j.jvs.・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから