今日の臨床サポート

着色尿

著者: 堀尾 勝 関西メディカル病院 腎臓内科

監修: 今井圓裕 中山寺いまいクリニック

著者校正/監修レビュー済:2020/03/26
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
堀尾 勝 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:今井圓裕 : 講演料(第一三共,ベーリンガーインゲルハイム,日本イーライリリー,バイエル,田辺三菱),研究費・助成金など(田辺三菱,キッセイ,大日本住友,アストラゼネカ)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 健常尿の色調は淡黄色で尿に含まれるウロクロムなどの色素による。
  1. 健常尿は希釈~濃縮により水様透明から濃い黄茶色まで変化し得る。
  1. 薬物、食品、食品添加物に含まれる色素や代謝物による着色尿(<図表>)は病的所見ではない。
  1. 赤色~暗褐色尿(血尿、ヘモグロビン尿<図表><図表>、ミオグロビン尿、ポルフィリン尿<図表>)、黄褐色尿(ウロビリン尿、ビリルビン尿)、青~緑色尿(緑膿菌感染、ビリベルジン尿)、黒色尿(メラニン尿、アルカプトン尿<図表>)、白色尿(膿尿、脂肪尿、乳糜尿)が臨床的に重要である。
 
発作性夜間血色素尿症による赤色尿

A:左端が起床時尿でその後の短時間の尿の色調変化を連続的に示す。起床時尿が最も暗赤色であり、日中は尿色調は薄くなる。
B、C:血尿症例の検体で、Bが遠心前、Cが遠心後である。血尿による赤色尿では色素尿症と異なり、遠心により赤血球は沈殿し、上清は正常色調となる。血色素尿症では遠心による色調変化はないこと、尿沈渣に赤血球を認めないことより鑑別できる。

 
  1. 血尿、ヘモグロビン尿、ミオグロビン尿は放置により赤色より黒褐色(コーヒー色、醤油色)に変化する。
  1. ビリルビンは尿の放置により黄色より緑色のビリベルジンに変化する。
  1. メラニン尿、アルカプトン尿(<図表>)は排尿直後の色調は正常であり、放置により黒変する特徴がある。
  1. ポルフィリン尿(<図表>)は新鮮尿で赤色を示す皮膚型ポルフィリン症と尿の放置により暗赤色の色調を示す急性ポルフィリン症がある。
 
  1. ポルフィリン症の病型と発症年齢、頻度
  1. ポルフィリン症はヘム合成に必要な8個の酵素のうち、いずれかが先天的にまたは後天的に障害されるため、ポルフィリン代謝産物が過剰に産生される疾患である。
  1. 先天的ポルフィリン症は障害される酵素により8型に分類される。臨床的には光線過敏症を示す皮膚型と突発的に急性腹症を疑わせる腹痛、嘔吐や四肢のしびれなどの神経症状で発症する急性型に分けられる。
  1. 急性ポルフィリン症は低Na血症、電解質異常、脱水などを伴い、不整脈などにより死にいたる場合もあるので緊急対応が必要となる。薬剤・ストレスによる誘発されるので、使用薬剤に注意が必要とされる。
 
ポルフィリン症の分類

赤色尿を来すポルフィリン症
 皮膚型ポルフィリン症でEPP以外は赤ぶどう酒色といわれる赤色尿を示す。ポルフィリンの中間生成物が尿の多量に排泄されるためである。これに対し、急性ポルフィリン症はより上流の中間生成物であるデルタアミレブリン酸やポルフォビリノーゲンが尿中に排泄される。これらの物質は無色であるが、体内で代謝されるか、尿放置により代謝され、赤暗色を示す。

出典

img1:  著者提供
 
 
問診・診察のポイント  
問診および診察:
  1. 尿の色調より可能性のある原因疾患について問診、診察を行う。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: J R Raymond, W E Yarger
雑誌名: South Med J. 1988 Jul;81(7):837-41.
Abstract/Text An unusual urine color can occasionally be alarming to patient or physician. Abnormal urine color may indicate a range of normal or pathologic conditions. Variables that affect urine color include concentration, pH, ingested substances, and various metabolic abnormalities. Most causes can be determined by a careful history focusing on medications, foods, occupation, and family history. A few simple laboratory tests can confirm the diagnosis or narrow the list of possible causes. The evaluation should start with gross examination of the urine. Each abnormal color has a fairly limited differential diagnosis, which can be further narrowed by determining specific gravity and pH, and performing dipstick and microscopic examinations. The differential diagnosis can be narrowed further with ferric chloride or an ultraviolet (UV) light source. Rarely, more specific tests are useful. We present an algorithm that may be of benefit in the logical, inexpensive, and efficient evaluation of abnormal urine color.

PMID 3393939  South Med J. 1988 Jul;81(7):837-41.
著者: Maria Domenica Cappellini, Valentina Brancaleoni, Giovanna Graziadei, Dario Tavazzi, Elena Di Pierro
雑誌名: Intern Emerg Med. 2010 Oct;5 Suppl 1:S73-80. doi: 10.1007/s11739-010-0449-7.
Abstract/Text Porphyrias are a group of eight rare inherited metabolic disorders of heme biosynthesis pathway. Porphyrias are still underdiagnosed, although examinations of urine and plasma are first-line tests for detecting excess of porphyrins or heme precursors in suspected patients. Diagnosis, particularly for the acute forms, is essential to avoid precipitating factors and the use of triggering drugs. Mutation screening of family members is recommended to identify presymptomatic carriers and to prevent acute attacks. The therapeutic approach should be appropriate regarding specific forms of porphyria and treatment should be started promptly.

PMID 20865478  Intern Emerg Med. 2010 Oct;5 Suppl 1:S73-80. doi: 10.10・・・
著者: Karl E Anderson, Joseph R Bloomer, Herbert L Bonkovsky, James P Kushner, Claus A Pierach, Neville R Pimstone, Robert J Desnick
雑誌名: Ann Intern Med. 2005 Mar 15;142(6):439-50.
Abstract/Text The acute porphyrias, 4 inherited disorders of heme biosynthesis, cause life-threatening attacks of neurovisceral symptoms that mimic many other acute medical and psychiatric conditions. Lack of clinical recognition often delays effective treatment, and inappropriate diagnostic tests may lead to misdiagnosis and inappropriate treatment. We review the clinical manifestations, pathophysiology, and genetics of the acute porphyrias and provide recommendations for diagnosis and treatment on the basis of reviews of the literature and clinical experience. An acute porphyria should be considered in many patients with unexplained abdominal pain or other characteristic symptoms. The diagnosis can be rapidly confirmed by demonstration of a markedly increased urinary porphobilinogen level by using a single-void urine specimen. This specimen should also be saved for quantitative measurement of porphobilinogen, 5-aminolevulinic acid, and total porphyrin levels. Intravenous hemin therapy, started as soon as possible, is the most effective treatment. Intravenous glucose alone is appropriate only for mild attacks (mild pain, no paresis or hyponatremia) or until hemin is available. Precipitating factors should be eliminated, and appropriate supportive and symptomatic therapy should be initiated. Prompt diagnosis and treatment greatly improve prognosis and may prevent development of severe or chronic neuropathic symptoms. We recommend identification of at-risk relatives through enzymatic or gene studies.

PMID 15767622  Ann Intern Med. 2005 Mar 15;142(6):439-50.
著者: Giorgio Graziani, David Cucchiari, Simona Verdesca, Luca Balzarini, Alessandro Montanelli, Claudio Ponticelli
雑誌名: Nephron Clin Pract. 2011;119(3):c248-53; discussion c254. doi: 10.1159/000329154. Epub 2011 Sep 14.
Abstract/Text Chyluria denotes the urinary excretion of chyle, which is a lymphatic fluid rich in chylomicrons. Chyle flows from the intestinal lacteals to the left subclavian vein through the thoracic duct. When an abnormal connection between these structures and the urinary tract develops, chyluria appears. The syndrome is often associated with a nephrotic-range proteinuria, and this could be a wrong indication to perform renal biopsy. Chyluria is classified as parasitic or nonparasitic, the former being induced by lymphatic filariasis, whereas the latter is caused by medical, traumatic or inherited diseases. The patient usually reports excretion of milky urines, monolateral flank pain, malnutrition, weight loss and weakness. Urinalysis demonstrates lymphocyturia associated with chylomicrons and triglycerides in the supernatant. The diagnostic approach is aimed to define the site of lymphourinary fistula. A selective ureteral catheterization allows to collect urine samples from each kidney, demonstrating a monolateral source of proteins and lipids and making renal biopsy superfluous. Other diagnostic tools include nuclear magnetic resonance urography and lymphoangiography. Many therapeutic options have been proposed. Sclerosing solution instillation into the renal pelvis and laparoscopic renal pedicle disconnection are the invasive procedures most commonly employed. Among the medical alternatives, a low-fat diet supplemented with medium-chain triglycerides is often followed by complete clinical and biochemical remission.

Copyright © 2011 S. Karger AG, Basel.
PMID 21921636  Nephron Clin Pract. 2011;119(3):c248-53; discussion c25・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから