今日の臨床サポート

過眠症

著者: 伊藤裕司 中東遠総合医療センター 総合内科

監修: 山中克郎 福島県立医科大学会津医療センター総合内科

著者校正/監修レビュー済:2018/04/02
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 過眠症とは「本来起きて活動している時間帯(通常は日中)に過剰な眠気が生じ、居眠りを繰り返す状態で、ときに夜間の睡眠時間の延長を伴う」ものを指し、睡眠時間のみで定義されるものではない。
  1. 日本人の過眠症発症のリスクファクターは、男性、若年、睡眠時間の短縮、熟眠感の欠乏、入眠困難、いびきや無呼吸による断眠、むずむず足症候群、精神的ストレス、などが挙げられるので、過眠症を疑った場合はこれら問診を追加することが強く勧められる。
  1. 「過眠」を主訴に来院する場合、診断・治療という点で緊急の対応が必要な疾患は少ない。日本においては2.5%ほどの頻度で本症候群の患者がいると報告されている。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧 にはご契約が必要とな ります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約 が必要となります。閲 覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
伊藤裕司 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:山中克郎 : 未申告[2021年]

病態、疫学、診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 『過眠症』とは、「本来起きて活動している時間帯(通常は日中)に過剰な眠気が生じ、居眠りを繰り返す状態で、ときに夜間の睡眠時間の延長を伴う」ものを指す[6]
  1. 先進国においては、5~10%ほどの頻度で本症候群の患者がいると推定されているが、日本においては2.5%ほどと報告されている[1]
  1. 日本における過眠の原因として、睡眠時無呼吸症候群(35%)、特発性過眠症(11%)、ナルコレプシー(9%)、睡眠行動習慣によって引き起こされた睡眠不足症候群(7%)が上位に挙げられる[4]
  1. 75歳以上の高齢者の過眠では、ナルコレプシーはまれで、心不全や呼吸器疾患に伴うものや薬剤性、特発性過眠症が比較的多い[5]
  1. 睡眠時無呼吸症候群による研究では、健常者と比べて2倍以上の交通事故発生リスクがあると報告されている[2]
  1. 原因は「睡眠の質が保たれる」グループと「睡眠の質が保たれていない」グループに分けられ、頻度の多いものは、睡眠が途中で遮られる場合、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)症候群、薬剤である[3]
問診・診察のポイント  
  1. 睡眠時間の長さよりも、「日中に眠気が強く、日常生活で支障が出ているかどうか」が最大のポイントである。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Yoshitaka Kaneita, Takashi Ohida, Makoto Uchiyama, Shinji Takemura, Kazuo Kawahara, Eise Yokoyama, Takeo Miyake, Satoru Harano, Kenshu Suzuki, Yuko Yagi, Akiyo Kaneko, Takako Tsutsui, Tsuneto Akashiba
雑誌名: J Epidemiol. 2005 Jan;15(1):1-8.
Abstract/Text BACKGROUND: Excessive daytime sleepiness is one of the principal symptoms of sleep disturbances, and is often associated with serious consequences including traffic and industrial accidents, decreased productivity, and interpersonal problems. However, there are few epidemiologic studies on excessive daytime sleepiness in a large scale sample targeting Japanese general population.
METHODS: The survey was performed using a self-administered questionnaire in June 2000, targeting a population randomly selected from among 300 communities throughout Japan. This questionnaire included information about sleep habits and sleep problems. Excessive daytime sleepiness measured according to a question "Do you fall asleep when you must not sleep (for example when you are driving a car)?"
RESULTS: A total of 28,714 subjects completed the questionnaire. The prevalence of excessive daytime sleepiness was 2.5% (male=2.8% and female=2.2%). Backward elimination analysis showed that the following were associated with excessive daytime sleepiness: male sex, young age, short sleep duration, subjective insufficient sleep, loss of deep sleep, disagreeable sensations in the legs, interruption of sleep by snoring or dyspnea, and feeling psychological stress. Interruption of sleep by snoring or dyspnea was the strongest associated factor (adjusted odds ratio=2.46, 95% confidence interval=1.76-3.43) of excessive daytime sleepiness.
CONCLUSIONS: These results suggest that excessive daytime sleepiness in Japanese is associated with several sleep problems. These findings may be useful in attempts to prevent excessive daytime sleepiness in the general population of Japan.

PMID 15678919  J Epidemiol. 2005 Jan;15(1):1-8.
著者: A T Mulgrew, G Nasvadi, A Butt, R Cheema, N Fox, J A Fleetham, C F Ryan, P Cooper, N T Ayas
雑誌名: Thorax. 2008 Jun;63(6):536-41. doi: 10.1136/thx.2007.085464. Epub 2008 Jan 30.
Abstract/Text BACKGROUND: Obstructive sleep apnoea/hypopnoea (OSAH) appears to be associated with an increased risk of motor vehicle crashes (MVCs). However, its impact on crash patterns, particularly the severity of crashes, has not been well described. A study was undertaken to determine whether OSAH severity influenced crash severity in patients referred for investigation of suspected sleep-disordered breathing.
METHODS: Objective crash data (including the nature of crashes) for 783 patients with suspected OSAH for the 3 years prior to polysomnography were obtained from provincial insurance records and compared with data for 783 age- and sex-matched controls. The patient group was 71% male with a mean age of 50 years, a mean apnoea-hypopnoea index (AHI) of 22 events/h and a mean Epworth Sleepiness Scale score of 10.
RESULTS: There were 375 crashes in the 3-year period, 252 in patients and 123 in controls. Compared with controls, patients with mild, moderate and severe OSAH had an increased rate of MVCs with relative risks of 2.6 (95% CI 1.7 to 3.9), 1.9 (95% CI 1.2 to 2.8) and 2.0 (95% CI 1.4 to 3.0), respectively. Patients with suspected OSAH and normal polysomnography (AHI 0-5) did not have an increased rate of MVC (relative risk 1.5 (95% CI 0.9 to 2.5), p = 0.21). When the impact of OSAH on MVC associated with personal injury was examined, patients with mild, moderate and severe OSAH had a substantially higher rate of MVCs than controls with relative risks of 4.8 (95% CI 1.8 to 12.4), 3.0 (95% CI 1.3 to 7.0) and 4.3 (95% CI 1.8 to 8.9), respectively, whereas patients without OSAH had similar crash rates to controls with a relative risk of 0.6 (95% CI 0.2 to 2.5). Very severe MVCs (head-on collisions or those involving pedestrians or cyclists) were rare, but 80% of these occurred in patients with OSAH (p = 0.06).
CONCLUSION: Patients with OSAH have increased rates of MVCs, and disproportionately increased rates of MVCs are associated with personal injury.

PMID 18234904  Thorax. 2008 Jun;63(6):536-41. doi: 10.1136/thx.2007.08・・・
著者: J F Pagel
雑誌名: Am Fam Physician. 2009 Mar 1;79(5):391-6.
Abstract/Text Excessive daytime sleepiness is one of the most common sleep-related patient symptoms, and it affects an estimated 20 percent of the population. Persons with excessive daytime sleepiness are at risk of motor vehicle and work-related incidents, and have poorer health than comparable adults. The most common causes of excessive daytime sleepiness are sleep deprivation, obstructive sleep apnea, and sedating medications. Other potential causes of excessive daytime sleepiness include certain medical and psychiatric conditions and sleep disorders, such as narcolepsy. Obstructive sleep apnea is a particularly significant cause of excessive daytime sleepiness. An estimated 26 to 32 percent of adults are at risk of or have obstructive sleep apnea, and the prevalence is expected to increase. The evaluation and management of excessive daytime sleepiness is based on the identification and treatment of underlying conditions (particularly obstructive sleep apnea), and the appropriate use of activating medications.

PMID 19275068  Am Fam Physician. 2009 Mar 1;79(5):391-6.
著者: Yoko Komada, Yuichi Inoue, Kenichi Hayashida, Toru Nakajima, Makoto Honda, Kiyohisa Takahashi
雑誌名: Sleep Med. 2008 Dec;9(8):851-6. doi: 10.1016/j.sleep.2007.08.018. Epub 2007 Nov 5.
Abstract/Text BACKGROUND AND PURPOSE: The aim of this study was to investigate the demographic variables and clinical characteristics of behaviorally induced insufficient sleep syndrome (BIISS) and to compare it with the other major hypersomnia disorders.
PATIENTS AND METHODS: One-thousand two-hundred forty-three consecutive patients referred to the outpatient clinic for complaint of excessive daytime sleepiness (EDS) were retrospectively investigated.
RESULTS: The rate of BIISS in patients with EDS was 7.1%, predominant in males. The mean age of initial visit was younger than that for obstructive sleep apnea syndrome (OSAS), while the mean age of onset of symptoms was older than that for idiopathic hypersomnia, narcolepsy, and circadian rhythm sleep disorders. The mean Epworth sleepiness scale (ESS) score before treatment was lower than that for narcolepsy but higher than that for both OSAS and circadian rhythm sleep disorders. Twenty-two percent of BIISS cases reported having accidents or near-miss accidents during the five-year period preceding the investigation, and this group showed higher ESS scores than the group without accidents.
CONCLUSIONS: Our findings showed that an unignorably large number of people suffer from BIISS, and that people with severe cases of the disorder are at high risk for getting into an accident. Characteristics and demographic information could be helpful for making a differential diagnosis of BIISS.

PMID 17981500  Sleep Med. 2008 Dec;9(8):851-6. doi: 10.1016/j.sleep.20・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから