今日の臨床サポート

流涙

著者: 永原 幸 国立国際医療研究センター病院 眼科

監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科

著者校正/監修レビュー済:2018/08/23
患者向け説明資料

概要・推奨   

症状のポイント:
  1. 流涙はさまざまな要因で涙液の分泌と排出のバランスが崩れて生じる。
  1. 涙液が過剰に分泌される状態を分泌性流涙と呼び、生理的なもの、ウイルス、細菌、真菌などの感染による角膜の炎症によるもの、異物(睫毛)、外傷、薬品などによる角膜障害によるもの、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、結膜結石によるもの、急性閉塞隅角緑内障によるもの、神経障害によるもの、眼窩の炎症によって生じるものなどがある。
  1. 涙道からの涙液の排出が悪い状態を導涙性流涙と呼び、先天性のもの、涙道(涙小管、総涙小管、涙嚢、鼻涙管)の閉塞(炎症、外傷、腫瘍、加齢[結膜弛緩、眼瞼弛緩])によるものがある。
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧 にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には

閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧 にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
永原 幸 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:沖波聡 : 特に申告事項無し[2021年]

  1. 緑内障診療ガイドライン(第4版)に基づき確認を行った(変更点なし)。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. さまざまな要因で涙液の分泌と排出のバランスが崩れ、涙液が目に溜まるか、溢れる状態。
  1. 涙液が過剰に分泌される状態を分泌性流涙と呼び、生理的なもの、ウイルス、細菌、真菌などの感染による角膜の炎症によるもの、異物(睫毛)、外傷、薬品などによる角膜障害によるもの、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、結膜結石によるもの、急性閉塞隅角緑内障によるもの、神経障害によるもの、眼窩の炎症によって生じるものなどがある。
  1. 涙道からの涙液の排出が悪い状態を導涙性流涙と呼び、先天性のもの、涙道(涙小管、総涙小管、涙嚢、鼻涙管)の閉塞(炎症、外傷、腫瘍、加齢[結膜弛緩])によるものがある。
問診・診察のポイント  
  1. 流涙の原因は多岐にわたるため、十分な問診と診察を行い、原因を絞り込む必要がある。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Reiko Arita, Kouzo Itoh, Syuji Maeda, Koshi Maeda, Atsuo Tomidokoro, Shiro Amano
雑誌名: Jpn J Ophthalmol. 2010 Sep;54(5):387-91. doi: 10.1007/s10384-010-0858-1. Epub 2010 Nov 5.
Abstract/Text PURPOSE: To evaluate diagnostic criteria for obstructive meibomian gland dysfunction (MGD) using three parameters (symptom score, lid margin abnormality score, and meibomian gland morphologic change scores) for differentiating obstructive MGD from aqueous deficiency dry eye (ADDE).
METHODS: Twenty-five eyes of 25 patients (mean age, 66.6 years) diagnosed with obstructive MGD and 15 eyes of 15 patients (mean age, 61.3 years) diagnosed with ADDE were analyzed. Ocular symptoms were scored from 0 to 14 according to the number of symptoms. Lid margin abnormality was scored from 0 to 4 according to the number of abnormalities. Meibomian gland changes were scored from 0 to 6 using noncontact meibography (meibo-score). Superficial punctate keratopathy was scored from 0 to 3. Meibum was graded from 0 to 3 according to volume and quality. Tear film break-up time was measured consecutively three times after instillation of fluorescein, and the median value was adopted. Tear film production was evaluated using the Schirmer test.
RESULTS: Ocular symptom and lid margin abnormality scores and tear film break-up time did not differ significantly between the obstructive MGD and ADDE groups. The meibum score and meibo-score were significantly higher in the obstructive MGD group than in the ADDE group. The Schirmer value was significantly lower in the ADDE group than in the obstructive MGD group. When obstructive MGD was diagnosed on the basis of three scores (ocular symptom score, lid margin abnormality score, and meibo-score) all being abnormal, the sensitivity and specificity for differentiating between obstructive MGD and ADDE were 68.0% and 80%, respectively.
CONCLUSIONS: Although the criteria were moderately reliable for differentiating patients with obstructive MGD from those with ADDE when the diagnosis of obstructive MGD was made on the basis of three abnormal scores, they do not provide comprehensive diagnostic tools for differentiating MGD, ADDE, and healthy individuals. We need to add other parameters such as the Schirmer test value and the meibum score to the diagnostic criteria to enhance their reliability for differentiating MGD and ADDE.

PMID 21052898  Jpn J Ophthalmol. 2010 Sep;54(5):387-91. doi: 10.1007/s・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから