今日の臨床サポート

ラクテック注、他

一部のコンテンツを閲覧になるにはご契約が必要となります。

効能・効果/用法・用量 

効能・効果

  • 循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正
  • 代謝性アシドーシスの補正

用法・用量

  • 通常成人、1回500~1000mLを点滴静注する。
    投与速度は通常成人1時間あたり300~500mLとする。
    なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

禁忌 

【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 高乳酸血症の患者[症状が悪化するおそれがある。]

注意 

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

腎不全のある患者[水分、電解質の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。]
心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。]
重篤な肝障害のある患者[水分、電解質代謝異常が悪化するおそれがある。]
高張性脱水症の患者[本症では水分補給が必要であり、電解質を含む本剤の投与により症状が悪化するおそれがある。]
閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化するおそれがある。]

適用上の注意

調製時
本剤はカルシウム塩を含有するため、クエン酸加血液と混合すると凝血を起こすおそれがあるので注意すること。
リン酸イオン及び炭酸イオンと沈殿を生じるので、リン酸塩又は炭酸塩を含む製剤と配合しないこと。
投与前
投与に際しては、感染に対する配慮をすること(患者の皮膚や器具消毒)。
寒冷期には体温程度に温めて使用すること。
開封後直ちに使用し、残液は決して使用しないこと。
投与時
ゆっくり静脈内に投与すること(急速投与を必要とする場合を除く)。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意すること。

その他の副作用 

副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

頻度不明
過敏症紅斑、蕁麻疹、そう痒感
大量・急速投与注1)肺水腫、脳浮腫、末梢の浮腫

注1)第一次再評価結果その14、1978年

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから