今日の臨床サポート

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」

一部のコンテンツを閲覧になるにはご契約が必要となります。

効能・効果/用法・用量 

効能・効果

  • 血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

用法・用量

  • 通常、1日1~数回適量を患部に噴霧する。

禁忌 

【禁忌】

次の患者には使用しないこと

  • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある]
  • 僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある]

注意 

適用上の注意

使用部位
潰瘍、びらん面への直接噴霧を避けること。
眼には使用しないこと。
点鼻用として鼻腔内に使用しないこと。
顔面、頭部等、吸入する可能性のある患部には注意して使用すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊娠中の使用に関する安全性は確立していない(使用経験がない)。

薬物動態

<生物学的同等性試験>
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」と標準製剤(ローション剤、0.3%)を健康成人男性の両腕前腕部内側にそれぞれ5μL適用(面積2.83cm2)し、適用6時間後における角層中薬物量の平均値の差について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、両製剤の生物学的同等性が確認された。
角層中薬物量(μg/2.83cm2
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」0.381±0.077
標準製剤(ローション剤、0.3%)0.394±0.083
(平均値±標準偏差、n=48)

その他の副作用 

次のような症状があらわれた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行うこと。

頻度不明
過敏症皮膚刺激感、皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅等
皮膚(投与部位)紫斑
戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから