今日の臨床サポート
一部のコンテンツを閲覧になるにはご契約が必要となります。

効能・効果/用法・用量 

効能・効果

  • 全身麻酔、鎮痛

用法・用量

  • 本剤は酸素と併用し、酸素の吸気中濃度は必ず20%以上に保つこと。
  • 使用目的、患者の状態に応じ、適宜酸素濃度を増加させること。

禁忌 

注意 

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

ビタミンB12欠乏症の患者[本剤の副作用が強くあらわれるおそれがある]。
造血機能障害のある患者[本剤の副作用が強くあらわれるおそれがある]。
耳管閉塞、気胸、腸閉塞、気脳症等、体内に閉鎖腔のある患者[閉鎖腔内容量及び内圧が変化する]。

重要な基本的注意

ビタミンB12の不活性化により造血機能障害や神経障害を起こすことがあるので、患者の観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合にはビタミンB12を投与するなど適切な処置を行うこと。
麻酔を行う際には原則としてあらかじめ絶食させておくこと。
麻酔を行う際には原則として麻酔前投薬をおこなうこと。
麻酔中は気道に注意して呼吸・循環に対する観察を怠らないこと。
麻酔の深度は手術、検査に必要な最低の深さにとどめること。
タンポナーデに用いられた気体(パーフルオロプロパン、六フッ化硫黄等)が硝子体内に存在している眼手術後の患者には、本剤を使用しないこと。本剤の体内閉鎖腔内圧上昇作用により眼圧が急激に上昇し、失明するおそれがある。

適用上の注意

麻酔開始時
吸気中酸素濃度は30%を超えることが望ましい。
麻酔開始のときには、亜酸化窒素の肺内残気による希釈を防ぐために十分な脱窒素を行う。
麻酔終了時
麻酔終了と同時に空気呼吸を開始すると、酸素欠乏症に陥ることがあるので5分以上の100%酸素を吸入させることが望ましい。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦(3ヶ月以内)または妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること[動物実験(ラット)で催奇形作用が報告されている]。

体内薬物動態

本剤の吸収は、吸入直後は大量(約1l/min)に吸収されるが、時間の経過とともに急減し、20~30分でほぼ飽和に達し、以後はごくわずかしか吸収されない。又、排泄は吸収と同じパターンをとる。

併用注意 

プロポフォール
麻酔作用が増強されたり、収縮期血圧、拡張期血圧、平均動脈圧及び心拍出量が低下することがあるので、併用する場合には、プロポフォールの投与速度を減速するなど慎重に投与すること。
相互に作用(麻酔作用)を増強させる。

重大な副作用 

(頻度不明)
造血機能障害(顆粒球や血小板の減少等)
顆粒球や血小板の減少等、造血機能障害があらわれることがあるので、長期にわたって連用する必要がある場合には血液検査を行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

その他の副作用 

頻度不明
消化器(覚醒時)嘔気・嘔吐
精神神経系末梢神経障害
戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから