今日の臨床サポート
一部のコンテンツを閲覧になるにはご契約が必要となります。

効能・効果/用法・用量 

効能・効果

  • 慢性アルコール中毒に対する抗酒療法

用法・用量

  • ジスルフィラムとして,通常,1日0.1~0.5gを1~3回に分割経口投与する.
    本剤を1週間投与した後に通常実施する飲酒試験の場合には,患者の平常の飲酒量の1/10以下の酒量を飲ませる.飲酒試験の結果発現する症状の程度により本剤の用量を調整し,維持量を決める.
    維持量としては,通常0.1~0.2gで,毎日続けるか,あるいは1週毎に1週間の休薬期間を設ける.

禁忌 

【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 重篤な心障害のある患者〔原疾患が悪化するおそれがある.〕
  • 重篤な肝・腎障害のある患者〔原疾患が悪化するおそれがある.〕
  • 重篤な呼吸器疾患のある患者〔原疾患が悪化するおそれがある.〕
  • アルコールを含む医薬品(エリキシル剤,薬用酒等)・食品(奈良漬等)・化粧品(アフターシェーブローション等)を使用又は摂取中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

注意 

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

肝障害のある患者〔肝障害が悪化するおそれがある.〕
腎障害のある患者〔腎排泄の抑制により副作用が強くあらわれるおそれがある.〕
てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者〔痙攣を誘発することがある.〕
脳器質障害のある患者〔脳障害が悪化するおそれがある.〕
糖尿病の患者〔動物実験でジスルフィラム-アルコール反応により血糖降下作用がみられる.〕
甲状腺機能低下症の患者〔動物実験で甲状腺機能低下作用が報告されている.〕
本剤に対して過敏症の既往歴のある患者
ジギタリス投与をうけている患者〔ジスルフィラム-アルコール反応時に血中カリウム値の低下が報告されている.〕

重要な基本的注意

本剤による治療に先立ち,本剤服用中に飲酒した場合の反応を説明して,患者及びその家族等の了解を得ること.また,飲酒試験が終了するまでは,入院させることが望ましい.
投与前に,アルコールの体内残留の有無を確かめること.
本剤服用中は,医師の指示によらないアルコール摂取を禁じること.
本剤服用中は,アルコールを含む食品(奈良漬等)の摂取や,アルコールを含む化粧品(アフターシェーブローション等)の使用を避けさせるよう十分に指導すること.
飲酒試験時に,急激なジスルフィラム-アルコール反応(顔面潮紅,血圧降下,胸部圧迫感,心悸亢進,呼吸困難,失神,頭痛,悪心・嘔吐,めまい,幻覚,錯乱,痙攣等)があらわれることがあるので,本剤の投与量,飲酒量等の個人差及び飲酒速度を考慮し,慎重に飲酒試験を行うこと.
なお,症状が激しい場合には,酸素吸入,昇圧剤,輸液の投与等適切な処置を行うこと.
本剤の投与開始後1週間は飲酒試験を行わないこと.
本剤投与中は,肝機能検査を定期的に行うこと.
眠気,注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので,本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること.

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので,減量するなど注意すること.

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと.〔安全性は確立していない.〕

薬物動態

外国人のデータでは,ジスルフィラムは消化管から速やかに吸収され,血液中でグルタチオンレダクターゼによって速やかに還元されジエチルジチオカルバミン酸となる.その後ジエチルジチオメチルカルバメートを経て,いずれも活性体のジエチルチオメチルカルバメート及びその酸化体(スルホキシド体,スルホン体)となる.経口投与量の80%以上が吸収され,主にグルクロン酸抱合体として65%が尿中に排泄される.その他の代謝物として,ジエチルアミン,二硫化炭素,カルボニルスルフィド等がみられる.

併用禁止 

アルコールを含む医薬品
(エリキシル剤,薬用酒等)
急性アルコール中毒症状(顔面潮紅,血圧降下,悪心,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下)があらわれる.
ジスルフィラム-アルコール反応を起こすおそれがある.
アルコールを含む食品
(奈良漬等)
急性アルコール中毒症状(顔面潮紅,血圧降下,悪心,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下)があらわれる.
ジスルフィラム-アルコール反応を起こすおそれがある.
アルコールを含む化粧品
(アフターシェーブローション等)
急性アルコール中毒症状(顔面潮紅,血圧降下,悪心,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下)があらわれる.
ジスルフィラム-アルコール反応を起こすおそれがある.

併用注意 

テオフィリン
これらの医薬品の作用を増強することがある.
本剤はテオフィリンの肝における代謝を抑制し,血中テオフィリン濃度を上昇させる.
フェニトイン
エトトイン
これらの医薬品の作用を増強することがある.
本剤はフェニトインの肝における代謝を抑制し,血中フェニトイン濃度を上昇させる.
バルビツール酸系化合物
これらの医薬品の作用を増強することがある.
本剤は肝におけるバルビツール酸系化合物の代謝を抑制する可能性がある.
抗凝血剤
(ワルファリン等)
これらの医薬品の作用を増強することがある.
ワルファリンの肝における代謝を阻害することが考えられている.
ジギタリス製剤(散・錠)
(ジゴキシン等)
これらの医薬品の作用を増強することがある.
ジスルフィラム-アルコール反応時に過呼吸により血中カリウム値が低下することによる.
イソニアジド
メトロニダゾール
精神症状があらわれることがある.
機序は不明であるが,酵素抑制の結果と思われる.
リトナビル
急性アルコール中毒症状(顔面潮紅,血圧降下,悪心,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下)があらわれる.
リトナビルはエタノールを含有するので,ジスルフィラム-アルコール反応を起こすおそれがある.

重大な副作用 

精神神経系(まれに:0.1%未満)
まれに重篤な脳障害(見当識障害,記憶障害,錯乱等)があらわれたとの報告がある.
肝機能障害,黄疸(いずれも頻度不明)
AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,LDH,Al-P,ビリルビン等の上昇を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

その他の副作用 

頻度不明
精神神経系抑うつ,情動不安定,幻覚,錯乱,せん妄等
(アルコールの禁断による場合もある)
頭痛,めまい,耳鳴,眠気,睡眠障害
過敏症注)発疹等
末梢神経系手根管症候群
多発性神経炎,末梢神経炎
(長期投与の場合)
視神経炎(長期投与の場合)
消化器食欲不振,下痢,腹痛,腹部緊張感,便秘
その他けん怠感,陰萎,熱感,関節痛

注)このような場合には投与を中止すること.

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから