今日の臨床サポート

診療報酬点数

医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第2款 筋骨格系・四肢・体幹(四肢骨) > K059 骨移植術(軟骨移植術を含む。)

K059 骨移植術(軟骨移植術を含む。)

  1.  1 自家骨移植
    16,830点
  2.  2 同種骨移植(生体)
    28,660点
  3.  3 同種骨移植(非生体)
  4.  イ 同種骨移植(特殊なもの)
    39,720点
  5.  ロ その他の場合
    21,050点
  6.  4 自家培養軟骨移植術
    14,030点

注 骨提供者に係る組織適合性試験の費用は、所定点数に含まれる。

通知

(1) 骨移植術に併せて他の手術を行った場合は、本区分の所定点数に他の手術の所定点数を併せて算定する。

(2) 移植用に採取した健骨を複数か所に移植した場合であっても、1回のみ算定する。

(3) 移植用骨採取のみに終わり骨移植に至らない場合については、区分番号「K126」脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術(試験切除によるもの)に準じて算定する。

(4) 自家軟骨の移植を行った場合は、「1」により算定する。

(5) 同種骨(凍結保存された死体骨を含む。)を移植する場合においては、日本組織移植学会が作成した「ヒト組織を利用する医療行為の安全性確保・保存・使用に関するガイドラ イン」を遵守した場合に限り算定する。

(6) 移植用骨採取及び骨提供者の組織適合性試験に係る費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

(7) 自家骨又は非生体同種骨(凍結保存された死体骨を含む。)移植に加え、人工骨移植を併せて行った場合は「3」により算定する。ただし、人工骨移植のみを行った場合は算定 できない。なお、人工骨の移植部位について、診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

(8) 同種骨移植(特殊なもの)は、腫瘍、感染、人工関節置換等に係る広範囲の骨及び靱帯組織の欠損に対して、日本組織移植学会が認定した組織バンクにおいて適切に採取、加工 及び保存された非生体の同種骨及び靱帯組織を使用した場合に限り算定できる。なお、こ の場合、骨移植等を行った保険医療機関と骨移植等に用いた同種骨等を採取等した保険医 療機関とが異なる場合の診療報酬の請求については、同種骨移植等を行った保険医療機関 で行うものとし、当該診療報酬の分配は相互の合議に委ねる。

(9) 自家培養軟骨を患者自身に移植した場合は、「4」により算定する。

(令和4年版)
戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから