今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第2款 筋骨格系・四肢・体幹(脊柱、骨盤) > K142 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)

K142 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)

  1.  1 前方椎体固定
    37,240点
  2.  2 後方又は後側方固定
    32,890点
  3.  3 後方椎体固定
    41,160点
  4.  4 前方後方同時固定
    66,590点
  5.  5 椎弓切除
    13,310点
  6.  6 椎弓形成
    24,260点

1 椎間又は椎弓が併せて2以上の場合は、1椎間又は1椎弓を追加するごとに、追加した当該椎間又は当該椎弓に実施した手術のうち主たる手術の所定点数の 100分の50に相当する点数を加算する。ただし、加算は椎間又は椎弓を併せて4 を超えないものとする。

2 2から4までに掲げる手術の所定点数には、注1の規定にかかわらず、当該手術を実施した椎間に隣接する椎弓に係る5及び6に掲げる手術の所定点数が含ま れる。

通知

(1) 「2」後方又は後側方固定から「4」前方後方同時固定までの各区分に掲げる手術の 費用には、当該手術を実施した椎間に隣接する椎弓に係る「5」椎弓切除及び「6」椎 弓形成の費用が含まれる。

例1 第 10 胸椎から第 12 胸椎までの後方固定及び第 11 胸椎の椎弓切除を実施した場合 の算定例

下記ア及びイを合算した点数を算定する。

「2」後方又は後側方固定の所定点数

「2」後方又は後側方固定の所定点数の 100 分の 50 に相当する点数

例1

第10胸椎

椎弓切除を実施

第11胸椎

第12胸椎

後 方 固定 術を実施

後 方 固定 術を実施

例2 第 10 胸椎から第 12 胸椎までの後方固定及び第9胸椎の椎弓切除を実施した場合 の算定例

下記のア、イ及びウを合算した点数を算定する。

「2」後方又は後側方固定の所定点数

「2」後方又は後側方固定の所定点数の 100 分の 50 に相当する点数

「5」椎弓切除の所定点数の 100 分の 50 に相当する点数

例2 椎 弓切除を実 施

第9胸椎

第10胸椎

第11胸椎

第12胸椎

後方 固定術を実 施

-後4方8固3定-術を実施

(2 ) 骨形成的片側椎弓切除術及び髄核摘出術を併せて 2 椎間に行った場合は、 区分番号

「K186」脊髄硬膜内神経切断術に準じて算定する。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから