今日の臨床サポート

    • 検索結果

K939 画像等手術支援加算

  1.  1 ナビゲーションによるもの
    2,000点
  2. 注 区分番号K055-2、K055-3、K080の1、K081の1、K08 2の1、K082-3の1、K131-2、K134-2、K136、K140からK141-2まで、K142(6を除く。)、K142-2の1及び2のイ、K142-3、K151-2、K154-2、K158、K161、K167、K169からK172まで、K174の1、K191からK193まで、K235、K236、K313、K314、K340-3からK340-7まで、K342、K343、K350からK365まで、K511の2、K513の2か ら513の4まで、K514の2、K514-2の2、K695、K695-2 並びにK697-4に掲げる手術に当たって、ナビゲーションによる支援を行っ た場合に算定する。
  3.  2 実物大臓器立体モデルによるもの
    2,000点
  4. 注 区分番号K055-2、K055-3、K136、K142の6、K142- 2、K151-2、K162、K180、K227、K228、K236、K237、K313、K314の2、K406の2、K427、K427-2、K429、K433、K434及びK436からK444までに掲げる手術に当たっ て、実物大臓器立体モデルによる支援を行った場合に算定する。
  5.  3 患者適合型手術支援ガイドによるもの
    2,000点

注 区分番号K082及びK082-3に掲げる手術に当たって、患者適合型手術支援ガイドによる支援を行った場合に算定する。

通知

(1) 画像等手術支援加算は、当該技術の補助により手術が行われた場合に算定するもので あり、当該技術が用いられた場合であっても、手術が行われなかった場合は算定できな い。

(2) ナビゲーションによるものとは、手術前又は手術中に得た画像を3次元に構築し、手 術の過程において、3次元画像と術野の位置関係をリアルタイムにコンピューター上で 処理することで、手術を補助する目的で用いることをいう。

(3) 実物大臓器立体モデルによるものとは、手術前に得た画像等により作成された実物大 臓器立体モデルを、手術を補助する目的で用いることをいう。

(4) 患者適合型手術支援ガイドによるものとは、手術前に得た画像等により作成された実 物大の患者適合型手術支援ガイドとして薬事承認を得ている医療機器を、人工膝関節置 換術又は再置換術を補助する目的で用いることをいう。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから