今日の臨床サポート

    • 検索結果

C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料

  1. C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料
    4,000点

1 在宅自己連続携行式腹膜灌流を行っている入院中の患者以外の患者に対して、在宅自己連続携行式腹膜灌流に関する指導管理を行った場合に算定するものとし、頻回に指導管理を行う必要がある場合は、同一月内の2回目以降1回につき 2,000点を月2回に限り算定する。

2 当該指導管理を算定する同一月内に区分番号J038に掲げる人工腎臓又はJ042に規定する腹膜灌流の1を算定する場合は、注1に規定する2回目以降の費用は、算定しない。

通知

(1) 「注1」の「頻回に指導管理を行う必要がある場合」とは、次のような患者について 指導管理を行う場合をいう。

ア 在宅自己連続携行式腹膜灌流の導入期にあるもの

イ 糖尿病で血糖コントロールが困難であるもの

ウ 腹膜炎の疑い、トンネル感染及び出口感染のあるもの

エ 腹膜の透析効率及び除水効率が著しく低下しているもの

オ その他医師が特に必要と認めるもの

(2) 1か月に2回以上在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定した場合は、診療報酬明細書の 摘要欄に(1)のアからオまでの中から該当するものを明記する。

(3) 在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者(入院中の患者を除く。)は週1回 を限度として、区分番号「J038」人工腎臓又は区分番号「J042」腹膜灌流の1 の連続携行式腹膜灌流のいずれか一方を算定できる。なお、当該管理料を算定している 患者に対して、他の医療機関において連続携行式腹膜灌流を行っても、当該所定点数は 算定できない。また、当該管理料を算定している患者に対して、他の保険医療機関にお いて人工腎臓を行った場合は、診療報酬明細書の摘要欄に区分番号「J038」人工腎 臓を算定している他の保険医療機関名及び他の保険医療機関での実施の必要性を記載す ること。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから