今日の臨床サポート

    • 検索結果

D006-13 骨髄微小残存病変量測定

  1.  1 遺伝子再構成の同定に用いるもの
    3,500点
  2.  2 モニタリングに用いるもの
    2,100点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に 届け出た保険医療機関において実施した場合に限り算定する。

通知

(1) 骨髄微小残存病変量測定は、PCR法により、急性リンパ性白血病の診断補助又は経 過観察を目的に行った場合に算定できる。

(2) 「1」の遺伝子再構成の同定に用いるものについては、急性リンパ性白血病と診断さ

れた患者又は再発が認められた患者に対して、遺伝子再構成の同定及び当該遺伝子のプ ライマー作成を行った場合に、それぞれ1回に限り算定できる。

(3) 「2」のモニタリングに用いるものについては、「1」の遺伝子再構成に用いるもの を行った患者に対して、PCR法により急性リンパ性白血病の経過観察を目的として行 った場合に、初発時と再発時にそれぞれ2回を限度として算定できる。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから