今日の臨床サポート

    • 検索結果

D013 肝炎ウイルス関連検査

  1.  1 HBs抗原定性・半定量
    29点
  2.  2 HBs抗体定性、HBs抗体半定量
    32点
  3.  3 HBs抗原、HBs抗体
    88点
  4.  4 HBe抗原、HBe抗体
    104点
  5.  5 HCV抗体定性・定量、HCVコア蛋白
    108点
  6.  6 HBc抗体半定量・定量
    137点
  7.  7 HCVコア抗体
    143点
  8.  8 HA-IgM抗体、HA抗体、HBc-IgM抗体
    146点
  9.  9 HCV構造蛋白及び非構造蛋白抗体定性、HCV構造蛋白及び非構造蛋白抗体半定量
    160点
  10.  10 HE-IgA抗体定性
    210点
  11.  11 HCV血清群別判定
    227点
  12.  12 HBVコア関連抗原(HBcrAg)
    266点
  13.  13 デルタ肝炎ウイルス抗体
    330点
  14.  14 HCV特異抗体価、HBVジェノタイプ判定
    340点

注 患者から1回に採取した血液を用いて本区分の3から14までに掲げる検査を3項 目以上行った場合は、所定点数にかかわらず、検査の項目数に応じて次に掲げる点数により算定する。

イ 3項目 290点

ロ 4項目 360点

ハ 5項目以上 438点

通知

(1) 「1」のHBs抗原定性・半定量は、免疫クロマト法、赤血球凝集法、粒子凝集法、 EIA法(簡易法)、金コロイド凝集法による。

(2) 「2」のHBs抗体半定量は、赤血球凝集法、粒子凝集法、EIA法(簡易法)、金 コロイド凝集法による。

(3) 免疫抑制剤の投与や化学療法を行う患者に対して、B型肝炎の再活性化を考慮し、当 該治療開始前に「3」のHBs抗原、HBs抗体及び「6」のHBc抗体半定量・定量 を同時に測定した場合は、患者1人につきそれぞれ1回に限り算定できる。

(4) 「5」のHCVコア蛋白は、EIA法又はIRMA法による。

(5) 「6」のHBc 抗体半定量・定量と「8」のHBc-IgM抗体を同時に測定した場合 は、一方の所定点数を算定する。

(6) 「8」のHA抗体とHA-IgM抗体を同時に測定した場合は、一方の所定点数のみを 算定する。

(7) 「11」のHCV血清群別判定は、EIA法により、C型肝炎の診断が確定した患者に 対して、C型肝炎の治療法の選択の目的で実施した場合に、患者1人につき1回に限り 算定できる。

(8) 「12」のHBVコア関連抗原(HBcrAg)は、HBV感染の診断の補助及び治療 効果の判定の目的で、血清又は血漿中のHBVコア関連抗原(HBcrAg)を測定し た場合に1月に1回に限り算定する。なお、区分番号「D023」微生物核酸同定・定 量検査の「4」のHBV核酸定量を同時に測定した場合は、主たるもののみ算定する。

(9) 「14」のHBVジェノタイプ判定は、B型肝炎の診断が確定した患者に対して、B型 肝炎の治療法の選択の目的で実施した場合に、患者1人につき1回に限り算定できる。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから