今日の臨床サポート

    • 検索結果

H007-4 リンパ浮腫複合的治療料

  1.  1 重症の場合
    200点
  2.  2 1以外の場合
    100点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、リンパ浮腫の患者に複合的治療を実施した場 合に、患者1人1日につき1回算定する。

2 1の場合は月1回(当該治療を開始した日の属する月から起算して2月以内は 計11回)に限り、2の場合は6月に1回に限り、それぞれ所定点数を算定する。

通知

(1) リンパ浮腫複合的治療料は、鼠径部、骨盤部若しくは腋窩部のリンパ節郭清を伴う悪 性腫瘍に対する手術を行った患者又は原発性リンパ浮腫と診断された患者であって、国 際リンパ学会による病期分類Ⅰ期以降のものに対し、複合的治療を実施した場合に算定 する。なお、この場合において、病期分類Ⅱ期以降の患者が「1」の「重症の場合」の 対象患者となる。

(2) リンパ浮腫複合的治療料は、専任の医師が直接行うもの又は専任の医師の指導監督の 下、専任の看護師、理学療法士若しくは作業療法士が行うものについて算定する。あん 摩マッサージ指圧師(当該保険医療機関に勤務する者であって、あん摩マッサージ指圧 師の資格を取得後、2年以上業務に従事(うち6月以上は当該保険医療機関において従 事)し、施設基準に定める適切な研修を修了したものに限る。)が行う場合は、専任の 医師、看護師、理学療法士又は作業療法士が事前に指示し、かつ事後に報告を受ける場 合に限り算定できる。いずれの場合も、患者1名に対し従事者1名以上の割合で実施す る。

(3) リンパ浮腫複合的治療料は、弾性着衣又は弾性包帯による圧迫、圧迫下の運動、用手 的リンパドレナージ、患肢のスキンケア及び体重管理等のセルフケア指導等を適切に組 み合わせ、「1」の「重症の場合」は1回 40 分以上、「2」の「1以外の場合」は1回

20 分以上行った場合に算定する。なお、一連の治療において、患肢のスキンケア、体重 管理等のセルフケア指導は必ず行うこと。また、重症の場合は、毎回の治療において弾 性着衣又は弾性包帯による圧迫を行うこと(圧迫を行わない医学的理由がある場合を除 く。)。

(4) 当該保険医療機関において、直近1年間にリンパ浮腫指導管理料を 50 回以上算定して いない場合は、リンパ浮腫の診断等に係る連携先として届け出た保険医療機関(直近1 年間にリンパ浮腫指導管理料を 50 回以上算定しているものに限る。)においてリンパ浮 腫と診断され、リンパ浮腫の複合的治療を依頼する旨とともに紹介されたもの(区分番

号「B009」診療情報提供料(Ⅰ)を算定するものに限る。)についてのみ算定でき る。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから