今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第8部 精神科専門療法第1節 精神科専門療法料 > I010-2 精神科デイ・ナイト・ケア(1日につき)

I010-2 精神科デイ・ナイト・ケア(1日につき)

  1. I010-2 精神科デイ・ナイト・ケア(1日につき)
    1,000点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に算定する。

2 精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又は精神科デ イ・ナイト・ケアのいずれかを最初に算定した日から起算して1年を超える期間 に行われる場合には、週5日を限度として算定する。ただし、週3日を超えて算 定する場合にあっては、患者の意向を踏まえ、必要性が特に認められる場合に限 る。

3 精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又は精神科デ イ・ナイト・ケアのいずれかを最初に算定した日から起算して3年を超える期間 に行われる場合であって、週3日を超えて算定する場合には、長期の入院歴を有 する患者を除き、当該日における点数は、所定点数の100分の90に相当する点数 により算定する。

4 精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又は精神科デ イ・ナイト・ケアのいずれかを最初に算定した日から起算して1年以内の期間に 行われる場合にあっては、早期加算として、50点を所定点数に加算する。

5 当該療法について、疾患等に応じた診療計画を作成して行った場合は、疾患別 等診療計画加算として、40点を所定点数に加算する。

6 精神科デイ・ナイト・ケアを算定した場合は、区分番号I008-2に掲げる 精神科ショート・ケア、区分番号I009に掲げる精神科デイ・ケア、区分番号 I010に掲げる精神科ナイト・ケア及び区分番号I015に掲げる重度認知症 患者デイ・ケア料は算定しない。

通知

(1) 精神科デイ・ナイト・ケアは、精神疾患を有するものの社会生活機能の回復を目的と して行うものであり、実施される内容の種類にかかわらず、その実施時間は患者1人当 たり1日につき 10 時間を標準とする。なお、治療上の必要がある場合には、病棟や屋外 など、専用の施設以外において当該療法を実施することも可能であること。

(2) 精神科デイ・ナイト・ケアと精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア又は精神科ナ イト・ケアの届出を併せて行っている保険医療機関にあっては、精神科デイ・ナイト・ ケアと精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアを各々の患者 に対して同時に同一施設で実施することができる。この場合、精神科ショート・ケア、 精神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアを算定する患者は、各々に規定する治療がそ れぞれ実施されている場合に限り、それぞれ算定できる。なお、同一日に実施される精 神科デイ・ケア等の対象患者数の合計は、精神科デイ・ケア又は精神科デイ・ナイト・ ケアの届出に係る患者数の限度を超えることはできない。この場合において、精神科シ ョート・ケアの対象患者数の計算に当たっては、精神科デイ・ケアの対象患者数の2分 の1として計算する。

(3) 「注5」に掲げる加算の対象となる患者は、多職種が共同して「特掲診療料の施設基

準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の別添2の様式 46 の2又はこれに 準じる様式により疾患等に応じた診療計画を作成して行った場合に、加算する。なお、 診療終了後に、当該計画に基づいて行った診療方法や診療結果について評価を行い、そ の要点を診療録等に記載している場合には、参加者個別のプログラムを実施することが

できる。

(4) その他精神科デイ・ナイト・ケアの取扱いについては、精神科デイ・ケアの取扱いに 準じて行う。

(5) 精神科デイ・ナイト・ケアを行った場合は、その要点及び診療時間を診療録等に記載 する。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから