転移性骨腫瘍 :トップ    
監修: 野口善令 名古屋第二赤十字病院
末松篤樹 名古屋第二赤十字病院 総合内科

概要

疾患のポイント:
  1. 転移性骨腫瘍とは、悪性腫瘍が骨に転移した状態である。骨転移の部位は椎骨、大腿骨、骨盤、肋骨、胸骨の順に多い。
 
診断: >詳細情報 
  1. 悪性腫瘍の原発巣が既知または明らかで、画像所見が骨転移に矛盾しなければ骨転移と診断してよい。
  1. 骨単純X線写真では、正常な骨内に溶骨性(透明)あるいは造骨性(不透明)の部分を呈する。
  1. CTは骨皮質や骨梁の微細な変化の観察に優れる( 症例 )。造骨性病変は高吸収となる。
  1. 骨シンチグラフィでは、非対称な部位にホットスポットが認められる( 症例 )。骨単純X線写真で認められる前に所見が陽性になることもあり、CT、MRIよりも全身スクリーニングに適する。
  1. 原発が不明、または画像所見で良性/悪性の区別が困難であれば積極的に骨生検を考慮する。
 
パニック値・緊急時対応:
  1. 脊髄圧迫による神経学的症候を認め、画像上も脊髄圧迫している場合は緊急対応が必要となる。
 
原発巣の検索:
  1. 骨転移は、前立腺、乳房、肺、腎、甲状腺、消化管、肉腫によるものの頻度が高い。前立腺、乳房、肺を原発部位とするものが、転移性骨腫瘍全体の80%を占めている。原発巣が不明の場合、頻度の高い部位を中心に検査する。 エビデンス 
  1. 溶骨性病変か、造骨性病変か、混合性病変かで原発巣の当たりをつけることができる。
  1. 溶骨性病変は腎細胞癌、悪性黒色腫、非小細胞肺癌、甲状腺癌、非Hodgkinリンパ腫でみられることが多い。造骨性病変は前立腺癌、カルチノイド、小細胞肺癌、Hodgkinリンパ腫、髄芽腫でみられることが多い。アルゴリズム
  1. 混合性病変を来すものには乳癌、消化管癌、扁平上皮癌がある。
  1. 原発不明の転移性骨腫瘍の診断アルゴリズム:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

局所の骨病変の評価例
  1. 転移性骨腫瘍が疑われる場合では、局所の評価目的で下記の画像検査を考慮する。
○ 転移性骨腫瘍が疑われる場合、スクリーニングとして1)を、確定診断として2)、3)の検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

原発不明の転移性骨腫瘍の診断アルゴリズム
骨転移しやすい悪性腫瘍
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01


  • 腫瘍 の他のコンテンツを見る
  • 整形 の他のコンテンツを見る
  • 症状所見 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ