湿疹のみかた :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. 湿疹は皮膚炎の多くを占める病変で、湿疹はドイツ語圏で使われるEkzem(英語ではeczema)、皮膚炎は米国圏で使われるdermatitisに由来する。
  1. 急性湿疹:
  1. 急性湿疹は表皮の細胞間浮腫を示し、おそらく外界からの侵入物を排除しようとする自衛行為である。アレルギー機序であればT細胞由来のサイトカインにより表皮が海綿状態といわれる水浸しになり、肉眼的には表皮の細胞浸潤や海綿状態により丘疹や小水疱を来すことが「湿った発疹:湿疹」の由来であろうと思われる。
  1. 通常は血管拡張も伴うので紅斑も共存し、副産物としてかゆみや発赤を惹起することが多い。
  1. 急性湿疹(この場合は接触皮膚炎)の典型的臨床像:<図表>
  1. 慢性湿疹:
  1. 急性湿疹は典型的な「湿疹」の範疇にあるが、湿疹が慢性化すると臨床所見は大きく変容し、苔癬化と呼ばれる「ごわごわと盛り上がった」表皮肥厚、色素沈着などを伴うようになる。
  1. 慢性湿疹(この場合は慢性光接触皮膚炎)の臨床像:<図表>
 
発疹から湿疹の判断:湿疹と膨疹の鑑別: >詳細情報 
  1. 膨疹は真皮の一過性の浮腫で臨床的には蕁麻疹であるが、通常は細胞浸潤を伴わないので24時間以内に跡形もなく消退する。
  1. 膨疹:<図表>

発疹から湿疹の判断:丘疹や紅斑を伴う皮膚疾患と湿疹の鑑別: >詳細情報 
  1. 他臓器の画像診断と同様に個々の発疹のみでは最終診断には至らない。
  1. そのほかの臨床症状や自覚症状や検査所見と発疹の分布、経過などを総合的にパターン認識して診断に至る。
 
  1. 鑑別疾患とその評価方法
  1. 多形滲出性紅斑:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

手湿疹の初期治療例
  1. 基剤は軟膏が無難、顔面・頸部には強力なステロイドを控える。
  1. 外用時期は入浴後、皮膚に湿り気があるときが最適である。
  1. 塗布量は、外用後かろうじて光る程度、あるいはティッシュペーパーが付着する程度が適量。
○ 湿疹と判断したら、1)2)の処方から部位、重症度などに応じていずれか1つを用いる。瘙痒感がひどく日常生活に支障ある場合は3)4)からいずれか1つを選択する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

湿疹診断のアルゴリズム
急性湿疹(この場合は接触皮膚炎)の典型的臨床像
慢性湿疹(この場合は慢性光接触皮膚炎)の臨床像
湿疹三角
膨疹
多形滲出性紅斑
結節性紅斑
アナフィラクトイド紫斑
円板状紅斑
蝶形紅斑
著者校正/監修レビュー済
2017/01/26


詳細ナビ