脂漏性湿疹 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
五十嵐敦之 NTT東日本関東病院 皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. 頭部、顔面、耳後部、腋窩、胸部や背部正中部、臍周囲などのいわゆる脂漏部位にみられる鱗屑、紅斑で軽度の瘙痒を伴う。
  1. ふけ症とは軽症の脂漏性皮膚炎を指しているものと考えられる。
  1. 皮膚に常在する真菌の一種であるマラセチアが脂漏性皮膚炎の発病因子として重要視されている。
  1. 頭部( <図表>)、顔面、耳後部(<図表>)、腋窩、胸部や背部正中部、臍周囲などのいわゆる脂漏部位にみられる鱗屑、紅斑で軽度の瘙痒を伴う。
  1. アトピー性皮膚炎では鼻唇溝と鼻部に皮疹がみられないのと対照的に、脂漏性皮膚炎では皮疹の好発部位である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 脂漏性皮膚炎患者の約2/3は頭皮に症状を有し、粃糠様落屑が付着した浸潤を欠く紅斑がみられる。鱗屑、紅斑は必発であるが、丘疹を伴うことはまれである。
  1. 脂漏性皮膚炎は一般的にステロイド外用薬によく反応するので、鑑別に苦慮する場合はステロイド薬を処方し、治療経過を観察して反応が悪ければ他疾患の検索を進めるという方法もある。
  1. 接触皮膚炎など他の湿疹との鑑別では、メチレンブルー染色液を用いた直接鏡検によるピチロスポルムと呼ばれる球形の形態をとるマラセチア真菌の検出が有効である。また、腋窩や股部に皮疹がみられたときは、体部白癬や皮膚カンジダ症との鑑別のため真菌鏡検検査が必要である。
  1. 接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎、真菌症、皮膚筋炎を除外する。

重症度・予後: >詳細情報 
  1. 重症になることはまれで予後はよいが慢性に経過する。
 
治療: >詳細情報  アルゴリズム
  1. 抗真菌薬であるケトコナゾール外用薬を用いる。
  1. 炎症症状の強い皮疹に対してはステロイド外用薬を併用し、寛解期にはケトコナゾール外用で維持するとよい。
 
専門医相談のタイミング: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

脂漏性湿疹の外用療法例
  1. ステロイド外用薬とケトコナゾール外用薬を治療に用いる。
  1. 炎症症状の強い皮疹に対してはステロイド外用薬を併用し、寛解期にはケトコナゾール外用で維持するとよい。
○ 1)~4)はステロイド外用薬、5)、6)はケトコナゾール外用薬である。1)もしくは2)もしくは5)を第1選択薬とし、頭部にはローションを用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

脂漏性皮膚炎の治療方針
前額髪際部の脂漏性湿疹
耳後部の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01