不正咬合 :トップ    
監修: 近津大地 東京医科大学
鈴木巌 すずき矯正歯科

概要

疾患のポイント:
  1. 不正咬合には叢生、上顎前突、前歯部反対咬合、開咬、下顎前突、過蓋、交叉咬合などの種類がある。
  1. 不正咬合を放置すると、歯周疾患、う蝕、などの誘因となるほかに、機能障害(咀嚼機能、歯列や顎の成長発育、発音、筋機能)の原因や審美的な要因による心理的障害を生じる可能性がある。
  1. 叢生治療:<図表>
  1. 開咬治療:<図表>
  1. 下顎前突:治療:<図表>
  1. 下顎前突:外科手術前のセファロメトリックプレディクション:<図表>
 
診断:
  1. 診断は歯の模型、顔面写真、口腔内写真、パノラマX線写真(<図表>)、デンタルX線写真、正面・側面頭部X線規格写真(<図表>)、顎や筋の機能検査などの資料をもとに分析して行う。最近では、CT、CBCT、デジタル画像が普及しつつあり、ハイテク(高度科学技術)によって模型や装置の製作などが可能となってきている。
 
治療:
  1. 不正咬合の改善目標は顔の審美、健全な歯周組織、咀嚼機能の回復、口腔機能障害の除去、正常な顎・顔・歯列の発育である。
  1. 不正咬合の治療は、矯正歯科治療として、マルチブラケット装置、可撤式(バイオネーターなど)等によってなされるが、骨格的な変形を伴う場合は、顎矯正手術を併用する場合がある。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

パノラマX線写真
側面頭部X線規格写真
叢生治療
開咬治療
下顎前突治療
外科手術前のセファロメトリックプレディクション
マルチブラケット装置
著者校正/監修レビュー済
2016/08/19