Galeazzi脱臼骨折 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
森友寿夫 大阪行岡医療大学 行岡病院手外科センター

概要

疾患のポイント:
  1. Galeazzi脱臼骨折とは、橈骨骨幹部骨折と遠位橈尺関節(DRUJ)脱臼の合併である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 前腕全長の2方向撮影で橈骨の骨折高位、および骨折転位の方向を確認し、手関節の2方向撮影でDRUJ脱臼を確認することで診断となる。健側と比較することが重要である。橈骨中央から遠位1/3における横骨折ないし斜骨折が多く、粉砕骨折であることはまれである。
  1. DRUJ脱臼が見落とされていることもあるため、橈骨骨幹部骨折を認めたときに常に本疾患を念頭に置いて、DRUJ周辺の圧痛の有無を確認する。
  1. 可能であればCTで脱臼を評価する。
  1. Galeazzi脱臼骨折:<図表>
  1. Galeazzi骨折変形治癒の3次元CT画像1:<図表>
  1. Galeazzi骨折変形治癒の3次元CT画像2:<図表>
  1. 尺骨茎状突起骨折を合併したGaleazzi脱臼骨折:<図表>
 
治療: >詳細情報 
  1. 小児で橈骨骨折に転位がなく、尺骨頭の脱臼がX線上認められない場合は保存治療を考慮してもよい。ただし、小児でも橈骨骨折の転位が著明でDRUJの高度脱臼が認められる場合は手術療法を行う。
  1. 成人では、亀裂骨折など限られた場合を除き手術適応となる。(手術適応・手術の選択: >詳細情報 )
  1. ロッキングプレートによる橈骨の内固定とDRUJの脱臼整復:<図表>
  1. 橈骨骨折をKirschner鋼線のみで固定したため再転位した症例:<図表>
  1. スーチャーアンカーを用いたTFCC修復術のX線像:<図表>
  1. 尺骨茎状突起の固定:<図表>
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 転位の著明なGaleazzi脱臼骨折であれば手の外科医に紹介する。
 
臨床のポイント:
  1. 局所の圧痛で疑われたらDRUJ脱臼の有無はCT撮影が決め手となる。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断方法例
  1. 橈骨骨折のみに目を奪われずに遠位橈尺関節の脱臼の有無に気を付ける。
○ 1)で橈骨骨折を確認し、DRUJに圧痛あれば2)を撮影し、本症の有無を確認する。
1)
単純X線:前腕全長の2方向、両側手関節の2方向撮影
2)
前腕CT

合併症の評価例
  1. 感染、フォルクマン拘縮を予防する。開放創の評価と、神経麻痺、血行障害の評価を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

Galeazzi脱臼骨折
三角線維軟骨複合体(TFCC)
Galeazzi脱臼骨折
DRUJ脱臼が不明瞭なGaleazzi脱臼骨折単純X線前腕正面像
DRUJ脱臼が不明瞭なGaleazzi脱臼骨折単純X線前腕側面像
ロッキングプレートによる橈骨の内固定とDRUJの脱臼整復
橈骨骨折をKirschner鋼線のみで固定したため再転位した症例
スーチャーアンカーを用いたTFCC修復術のX線像
尺骨茎状突起の固定
フォルクマン拘縮(前腕筋群・神経の阻血性病変)
著者校正/監修レビュー済
2016/05/27


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ