児童虐待の防止等に関する法律 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
市川光太郎 北九州市立八幡病院 小児救急センター

概要

ポイント:
  1. 児童虐待は、以下の4型に分類され、何人も児童に対して虐待をしてはならないとされている。
  1. ① 身体的虐待
  1. ② ネグレクト(養育放棄)
  1. ③ 心理的虐待
  1. ④ 性的虐待
  1. 児童虐待防止法により、虐待を確診した症例のみならず、虐待を疑った症例の通告も義務づけられている。
  1. 子どもの安全保護の観点から、虐待(疑い)症例の通告に基づく個人情報の開示は守秘義務を妨げるものではないとされている。
  1. 直接に身体・心理的暴力を受けるのみならず、DVの目撃も心理的虐待とされている。
 
  1. 第一条は目的を記載: >詳細情報 
  1. 第二条は児童虐待の定義を解説し、一~四号まで詳述: >詳細情報 
  1. 第三条は児童に対する虐待の禁止: >詳細情報 
  1. 第四条は国及び地方公共団体の責務等が1~7項まで詳述されている: >詳細情報 
  1. 第五条は児童虐待の早期発見等: >詳細情報 
  1. 第六条は児童虐待に係る通告であり、児童福祉法第二十五条の規定による通告とみなしている: …

追加情報ページへのリンク

  • 児童虐待の防止等に関する法律に関する詳細情報
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/04/22


詳細ナビ