ハチ刺傷

著者: 石井道人 医療法人社団ナイズ

監修: 箕輪良行 みさと健和病院 救急総合診療研修顧問

著者校正済:2020/02/14
現在監修レビュー中


概要・推奨  

  1. 全身反応を来した患者には、免疫療法が勧められる(推奨度1)
  1. LLRを生じた患者には、免疫療法は必ずしも必要ではない(推奨度3)
  1. 小児では皮膚症状を越える全身反応がみられた場合に限り、免疫療法を勧める(推奨度2)
  1. 毒液による直接の中毒症状が出現することはまれである。
  1. 詳細な診断目的の検査をするのであれば、「ハチ特異的IgE抗体」と「トリプターゼ」の組み合わせが望ましいかもしれない。
  1. 初回の刺傷で死亡する可能性も十分にあり得る。
  1. 針の除去法にこだわる必要はない。
  1. 毒液アレルギーの遺伝性については未解明である。
  1. ハチ毒によるアナフィラキシーは超急性の経過を辿る。
  1. アナフィラキシーの二相性反応に対する適切な観察期間、予防法はわかっていない(推奨度3)
  1. アナフィラキシーの治療にH1ブロッカーは広く用いられているが、現時点で確固たるエビデンスはない(推奨度3)
  1. 病歴と臨床検査の結果が組み合わさって初めて毒液アレルギーと診断される。免疫療法が予防に効果的なことがわかっているため、毒液アレルギーの診断は非常に重要である。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ