看取りの実際 :トップ    
監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部
二ノ坂保喜 にのさかクリニック

概要

  1. 人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン
の発表に伴い、現在アップデート中
 
ポイント:
  1. 人には逝く力があり、家族には看取る力がある。看取りは、本人と家族(親しい人)のものであり、看取りを支えるのが医師の役割である。
  1. 看取りという人生最後の場面に立ち会うのは、医師にとっても辛いことである。しかし医師であるからこその役割も大きい。
  1. 看取りに至るまでのプロセスは、本人にとって、家族にとって人生および家族関係の集大成ともいえる。在宅での看取りは、症状コントロールによって患者と家族の苦痛を軽減し、家族は精一杯の悔いのない介護を行い、本人の安らかな最期を支援するといったことが重要なポイントである。そのプロセスを通して、家族が亡くなる患者の人生といのちを受け止め、次へ歩み出す一歩である。
  1. 看取りを病院や医療の枠のなかに閉じ込めることなく、一人一人の生き方、地域社会での文化として受け止めていくことが地域コミュニティの再生につながるだろう。
 
看取りの意味: >詳細情報 
  1. 1人の人間の死は、その人にとってばかりではなく、家族にとっても、そして社会的、地域的、歴史的にも意味・意義を有している。目に見えないいのちへの視座で、霊的ないのちが引き継がれていくという意味を持てるような、在宅ホスピスケアチームの支援が必要である。
 
本人への支援: >詳細情報 
  1. 患者本人には、身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、霊的苦痛などの総合的な苦痛(トータルペイン)があると考えられる。それぞれに対して、およびそれらに対して総合的に対処、支援することが必要である。
 
家族への支援: >詳細情報 
  1. 在宅ホスピスケアの対象は、患者とその病気だけでなく、患者と家族を一体のものとして考えるべきである。
  1. 在宅ケアを通して、家族は大きく成長していく。そのことに、人間として信頼を置くべきである。我々はそれに少しばかりの支援をすることができ、多くの学びを得ることができる。
 
独居の場合: >詳細情報 
  1. 独居の場合も、在…

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

普通の生活を楽しみたい
家族の団らんは病気によって中断されることはない。
自宅での花見
著者校正/監修レビュー済
2017/02/28


詳細ナビ