スタンダードプリコーションと感染防御(在宅医療) :トップ    
監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部
高木宏明 諏訪中央病院内科

概要

ポイント
  1. 在宅ケアにおいて対象である利用者とその家族を感染から守ることは、在宅療養の継続と在宅生活の質の確保に貢献する。
  1. この場合、感染防御の基本は医療機関における感染防御と同じで、感染源対策と感染経路対策が中心となる。
  1. この対策を考える場合、米疾病予防管理センター(CDC)から発信されて普及しているスタンダードプリコーション=標準予防策および感染経路別予防策を参考にした方略の実践が重要である。
  1. 標準予防策は、あらゆる人の湿性生体物質には未知のものも含めて病原微生物が存在すると考え、相手によらず実施する感染予防策である。
  1. 感染経路別予防策は、感染予防を行いたい病原体の感染経路に応じて標準予防策に加えて実施するもので、感染経路(接触・飛沫・空気)に応じて接触予防策・飛沫予防策・空気予防策の3つがある。
  1. 在宅ケアにおいては、これら標準予防策の考え方を取り入れた感染対策を、医療者ではない、家族も含めたケアチームメンバーにも理解し実践できるよう、在宅のフィールドにアレンジして適用していく。

在宅ケアの分野における感染防御の考え方: >詳細情報 
  1. 在宅ケアの分野においては多数の感染弱者が存在する病院での対策とは異なることに留意する。 解説  解説 

標準予防策の基本: >詳細情報 
  1. 標準予防策の主な内容は手指衛生、手袋をはじめとした個人防護具の使用、咳エチケット、器具・リネン・環境への対応、安全な注射手技と針その他の鋭利物の取り扱い、などである。

手指衛生: >詳細情報 

追加情報ページへのリンク

  • スタンダードプリコーションと感染防御(在宅医療)に関する詳細情報
  • スタンダードプリコーションと感染防御(在宅医療)に関するエビデンス・解説 (19件)
  • スタンダードプリコーションと感染防御(在宅医療)に関する画像 (4件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

手洗いの重要性
リキャップはしない
耐貫通性廃棄容器
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20


詳細ナビ