医療ソーシャルワーカーからよく聞かれる質問とその答え例 :トップ    
監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部
田村里子 一般社団法人 WITH医療福祉実践研究所 がん・緩和ケア部

概要

まとめ:
  1. 医療ソーシャルワーカーは、医療における社会福祉専門職として「療養中の心理社会的問題の解決調整援助」「退院援助」「受診受療援助」「社会復帰援助」「経済的問題の解決調整援助」「地域活動」を行い、医療と福祉の架け橋を担う。

コミュニケーション・説明 希望への対応についての質問:
  1. 質問01:家族全員に知的障害があり、手術の内容、今後の医療処置について理解することが難しいのですが、説明はどのようにしますか? 解説 
  1. 質問02:成年後見人はついていますが、成年後見人には医療同意権がありません。親族がいないときには手術や治療について、誰に説明しますか? 解説 
  1. 質問03:患者と家族が希望している緩和ケア病棟から、病名と予後の告知が必要といわれました。しかし家族が、本人に対する告知をしないでほしい旨です。説明についてどうしますか? 解説 
  1. 質問04:患者さんは以前から積極的治療を望んでいた方でしたが、今は意思表示ができなくなっています。家族から「これ以上積極的な治療はしてほしくない」と相談にみえました。今後はどのような医療処置をとりますか? 解説 

療養生活を支える社会制度の活用に関しての質問:
  1. 質問01:障害年金の受給対象になりますか? …

追加情報ページへのリンク

  • 医療ソーシャルワーカーからよく聞かれる質問とその答え例に関する詳細情報
  • 医療ソーシャルワーカーからよく聞かれる質問とその答え例に関するエビデンス・解説 (28件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/06/10


詳細ナビ