急性単純性腎盂腎炎 :トップ    
監修: 中川昌之 鹿児島大学
速見浩士 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 血液浄化療法部

概要

疾患のポイント:
  1. 急性腎盂腎炎とは、急性単純性尿路感染症のうち大腸菌などの逆行性感染による腎盂および腎実質の非特異的炎症であり、尿路・全身性基礎疾患が認められず、発熱と患側の腰背部痛、腎部圧痛を主症状とする。
  1. 原因菌は大腸菌が主体であるため抗菌化学療法での治癒が期待できる。
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 腎盂腎炎の診断:
  1. 外来受診時に、発熱・悪寒、全身倦怠感などの全身感染所見に加え、腰背部痛、腎部圧痛、CVA tendernessなどの局所症状や、膀胱刺激症状の先行がみられた場合には急性腎盂腎炎を想起する。
  1. 腎盂腎炎は、尿一般検査、尿沈渣にて細菌尿または膿尿が認められ、末梢血、白血球分画、CRPなどにて全身の炎症所見が認められることにより診断される。
  1. 腹部超音波検査にて尿路閉塞の有無を確認評価する。腎臓の超音波所見では腎は腫大し、皮質・髄質境界部に浮腫・微小膿瘍を示す低エコー域が出現することがある。腹部造影CTは、腎膿瘍、腎周囲膿瘍、気腫性腎盂腎炎などの評価に役立つ。造影CT所見では、腎の腫大、周囲脂肪組織の濃度上昇、Gerota筋膜の肥厚、腎の実質内に楔状~斑状の造影不良域などが認められることがある。
  1. 原因菌の評価:
  1. 原因菌の確定のため尿培養を行う。菌血症や 敗血症 の可能性がある場合は血液培養も行う。
  1. 膿尿の評価:
  1. 非遠心尿を用いたフローサイトメトリー法により白血球数が≧10 WBCs/μl、または尿沈渣鏡検にて≧5 WBCs/hpfを病的所見とする。
  1. 細菌尿の評価:
  1. 尿細菌定量培養を行い、≧103 CFU/ml(中間尿では≧104 CFU/ml)を異常所見とする。
 
予後・重症度: >詳細情報 
  1. 経口抗菌薬で外来治療可能な軽症例から、入院治療を要するが経口薬あるいは注射薬で短期に治癒が期待できる中等症や、敗血症、腎膿瘍・腎周囲膿瘍、播種性血管内凝固症候群(DIC)を伴うような重症例までが経験される。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時に急性腎盂腎炎を診断するための検査例
  1. 急性腎盂腎炎の診断と重症度を判定し、重症化因子を検索する検査を行う。
○ 急性腎盂腎炎が疑われる場合は、1)~7)のほかに病態に合わせて8)、9)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

急性腎盂腎炎診断・治療のアルゴリズム
著者校正/監修レビュー済
2016/12/28