乳癌(非浸潤性乳癌) :トップ    
監修: 中村清吾 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門
大野真司 がん研究会有明病院 乳腺センター

概要

  1. 乳癌診療ガイドライン 1治療編 2018年版
  1. 乳癌診療ガイドライン 2疫学・診断編 2018年版
の発表に伴い、現在アップデート中
 
疾患のポイント:
  1. 乳癌とは、乳腺にできた悪性腫瘍で、ほとんどが腺癌である。乳管癌、小葉癌、髄様癌、粘液癌などの組織系に分かれ、さらに、進行の度合いをもとに浸潤性乳癌と非浸潤性乳癌に分類される。
  1. 非浸潤性乳管癌の大部分は終末細乳管から発生し(小葉癌は小葉内終末細乳管由来)、乳管内を進展し、間質には浸潤していないタイプである。非浸潤性乳癌は、全乳癌の約20%(そのうち非浸潤性小葉癌は1~2%)であり、マンモグラフィ検診の普及とともにその割合も増加している。
  1. ほとんどが非触知で、マンモグラフィの石灰化像として発見されることが多い。
  1. 視触診では診断困難だが、ときに血性乳頭分泌物で発見されることがある。
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. マンモグラフィでは石灰化病変として認めるが、エコーでは石灰化病変を指摘することは困難なことが多い。
  1. 確定診断は、組織診、吸引式組織生検で行う。
  1. 侵襲的な診断の前もしくは後に乳房MRI検査を行い、病変の同定が可能かどうかを判断する。
 
ステージング・予後: >詳細情報  >詳細情報 
  1. 非浸潤癌は「0期」である。
  1. 0期とは視触診、画像診断にて原発巣を確認できないもので、異常乳頭分泌例、マンモグラフィの石灰化例などはT0とはせず判定を保留し、最終病理診断によってTis、T1micなどに確定分類する。
  1. 局所療法で根治が望める疾患である。
 
治療:アルゴリズム …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時検査例
  1. 初診時には視触診、マンモグラフィ、乳房超音波検査(乳房エコー)を施行する。
  1. 確定診断を得るために、穿刺吸引細胞診、針生検もしくは吸引式組織生検を予定する。
  1. 非浸潤癌の診断が確定後、手術前の一般検査に加えて、乳房内の広がり診断、他病変評価のために乳房MRIを予定する。
○ マンモグラフィ、乳房超音波検査にて疑わしい病変があった場合には、針生検もしくは吸引式組織生検を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アルゴリズム1:非浸潤性乳管癌の診断と治療(1)
アルゴリズム2:非浸潤性乳管癌の診断と治療(2)
アルゴリズム3:非浸潤性小葉癌の診断と治療
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20


  • 腫瘍 の他のコンテンツを見る
  • 乳房 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ