製品名 インフリーカプセル100mg
インフリーSカプセル200mg

一般名
Indometacin Farnesil
薬効分類
鎮痛・解熱薬
 >NSAIDs(アリール酢酸系)
価格
100mg1カプセル:17円/カプセル
200mg1カプセル:28円/カプセル

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛

    • 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群

用法・用量

  • 通常、成人にはインドメタシン ファルネシルとして1回200mgを朝夕1日2回食後経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 消化性潰瘍のある患者(ただし、「慎重投与」の項参照)〔消化性潰瘍を悪化させることがある。〕
  • 重篤な血液の異常のある患者〔血液異常を悪化させることがある。〕
  • 重篤な肝障害のある患者〔肝障害を悪化させることがある。〕
  • 重篤な腎障害のある患者〔腎障害を悪化させることがある。〕
  • 重篤な心機能不全のある患者〔心機能不全を悪化させるおそれがある。〕
  • 重篤な高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させることがある。〕
  • 重篤な膵炎の患者〔本剤の活性代謝物のインドメタシンで急性膵炎が発現したとの報告がある。〕
  • 本剤又はインドメタシン、サリチル酸系化合物(アスピリン等)に過敏症の患者
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者〔重篤な喘息発作があらわれることがある。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕
  • トリアムテレンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕
原則禁忌

次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること

  • 小児〔他剤が無効又は使用できない関節リウマチに対して投与する場合には慎重に投与すること。(「小児等への投与」の項参照)〕
副作用
ショック、アナフィラキシー様症状
ショック症状(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、冷汗、顔面蒼白、呼吸困難、血圧低下等の症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
消化管穿孔、消化管出血、消化管潰瘍、出血性大腸炎、腸管の狭窄・閉塞、潰瘍性大腸炎
消化管穿孔、消化管出血、消化管潰瘍、出血性大腸炎、腸管の狭窄及び閉塞(頻度不明)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、本剤の活性代謝物であるインドメタシンで、潰瘍性大腸炎(頻度不明)があらわれたとの報告がある。
血液障害
再生不良性貧血(頻度不明)、溶血性貧血(頻度不明)、白血球減少(0.1%未満)、血小板減少(頻度不明)等の血液障害があらわれることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
皮膚障害
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(頻度不明)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
喘息発作
喘息発作(頻度不明)等の急性呼吸障害があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
腎障害
急性腎不全(頻度不明)、ネフローゼ症候群(頻度不明)等の腎障害、高カリウム血症(0.1%未満)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、本剤の活性代謝物のインドメタシンで、低アルブミン血症(頻度不明)があらわれたとの報告がある。
肝機能障害、黄疸
肝機能障害(0.1~5%未満)、黄疸(頻度不明)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
昏睡、錯乱
本剤の活性代謝物のインドメタシンで、昏睡、錯乱(頻度不明)があらわれたとの報告がある。
性器出血
本剤の活性代謝物のインドメタシンで、性器出血(頻度不明)があらわれたとの報告がある。
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

消化性潰瘍の既往歴のある患者〔消化性潰瘍を再発させることがある。〕
非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている患者〔ミソプロストールは非ステロイド性消炎鎮痛剤により生じた消化性潰瘍を効能・効果としているが、ミソプロストールによる治療に抵抗性を示す消化性潰瘍もあるので、本剤を継続投与する場合には、十分経過を観察し、慎重に投与すること。〕
血液の異常又はその既往歴のある患者〔血液異常を悪化あるいは再発させることがある。〕
肝障害又はその既往歴のある患者〔肝障害を悪化あるいは再発させることがある。〕
腎障害又はその既往歴のある患者〔腎障害を悪化あるいは再発させることがある。〕
心機能障害のある患者〔心機能障害を悪化させるおそれがある。〕
高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させることがある。〕
膵炎の患者〔本剤の活性代謝物のインドメタシンで急性膵炎が発現したとの報告がある。〕
過敏症の既往歴のある患者
てんかん、パーキンソン症候群等の中枢神経系疾患のある患者〔本剤の活性代謝物のインドメタシンでこれらの疾患を悪化させたとの報告がある。〕
気管支喘息の患者〔喘息発作があらわれることがある。〕
SLE(全身性エリテマトーデス)の患者〔類薬(フェニルブタゾン)でSLEを悪化させたとの報告があり、また、本剤の活性代謝物のインドメタシンをSLE患者に投与したところ、急性腎不全を起こしたとの報告がある。〕
潰瘍性大腸炎の患者〔本剤の活性代謝物のインドメタシンで疾患を悪化させたとの報告がある。〕
クローン氏病の患者〔本剤の活性代謝物のインドメタシンで疾患を悪化させたとの報告がある。〕
高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕

重要な基本的注意

消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。
患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意すること。本剤の活性代謝物のインドメタシンで過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等の症状が報告されているので、特に高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意すること。
慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。
長期投与する場合には定期的に臨床検査(尿検査、血液検査、肝機能検査及び眼科的検査等)を行うこと。また、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な措置を講ずること。
薬物療法以外の療法も考慮すること。
感染症を不顕性化するおそれがあるので、感染による炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分に行い慎重に投与すること。
他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。
眠気、めまいがあらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等、危険を伴う機械の操作には従事させないように注意すること。

適用上の注意

投与時
胆汁うっ滞等、胆汁分泌の低下している患者では本剤の吸収が低下すると考えられるので、この様な患者への投与は避けること。
本剤は投与量の増加とともに吸収率が低下するので、1日用量400mgを超えて投与する場合、臨床上の有用性について確認しながら使用すること。
服用時
本剤は空腹時投与で吸収が低下するので、必ず通常食摂取後又はミルク等とともに服用させること。
薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)

高齢者への投与

高齢者では、副作用があらわれやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。
本剤の活性代謝物のインドメタシンで、妊娠末期に投与したところ、胎児循環持続症(PFC)、胎児の動脈管収縮、動脈管開存症、胎児腎不全、胎児腸穿孔、羊水過少症が起きたとの報告がある。また、妊娠末期に投与したところ早期出産した新生児に壊死性腸炎の発生率が高いとの報告、及び消化管穿孔、頭蓋内出血が起きたとの報告がある。
本剤の活性代謝物のインドメタシンにおいて、動物実験(マウス)で催奇形作用が、また、本剤ではラットで着床率の減少、死亡吸収胚の出現頻度の増加が報告されている。
妊娠末期のラットに投与した実験で、胎児の動脈管収縮が報告されている。
授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。〔ラットで乳汁への移行が報告されている。〕

小児等への投与

小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。

薬物動態

血中濃度(吸収)
健康成人男子5名にインフリーカプセル100mg2カプセルを食後単回経口投与した場合、未変化体のtmaxは約5~6時間、Cmaxは2.01μg/mLであり、投与24時間後には検出されなかった。
血漿中未変化体及びインドメタシン濃度
(投与量:200mg、Mean±S.E.M.,n=5)
インフリーカプセル単回経口投与時の未変化体の薬物動態パラメータ
tmax
(hr)
Cmax
(μg/mL)
AUC480
(μg・hr/mL)
t1/2
(hr)
5.6±0.22.01±0.169.14±1.071.50
(投与量:200mg、Mean±S.E.M.,n=5)
健康成人男子5名にインフリーカプセル100mg2カプセルを1日2回、計11回反復経口投与したときの未変化体の血漿中濃度推移からは蓄積性は認められなかった。なお、活性本体であるインドメタシンの最高血漿中濃度は0.30±0.04μg/mLを示した。
健康成人男子24名にカプセル100mg2カプセルと、Sカプセル200mg1カプセルをクロスオーバー法により食後単回経口投与した際の、24時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積及び未変化体の最高血漿中濃度の平均値の差はいずれもほぼ±20%以内であった。
インフリーカプセル100mg2カプセル及びSカプセル200mg1カプセル経口投与後の血漿中未変化体濃度
(投与量:200mg、Mean±S.E.M.,n=24)
食事効果
健康成人男子8名に、クロスオーバー法によりインドメタシン ファルネシルとして150mgを含有するカプセルを12時間絶食後に投与した場合、本薬の吸収は著しく低下するが、通常食(脂肪含有量約10g)摂取により吸収は良好であった。
代謝・排泄
健康成人男子5名にインフリーカプセル100mg2カプセルを単回経口投与した場合、尿中にデスベンゾイルインドメタシン(投与量の5.5%)、インドメタシン(同2.9%)、デスメチルインドメタシン(同1.9%)が排泄され、未変化体は検出されなかった。