製品名 ギャバロン錠5mg
ギャバロン錠10mg

一般名
Baclofen
薬効分類
中枢神経薬(その他)
 >中枢性筋弛緩薬
価格
5mg1錠:16円/錠
10mg1錠:26.9円/錠

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 下記疾患による痙性麻痺

    • 脳血管障害、脳性(小児)麻痺、痙性脊髄麻痺、脊髄血管障害、頸部脊椎症、後縦靱帯骨化症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、その他の脳性疾患、その他のミエロパチー

用法・用量

  • ギャバロン錠5mg

    • 成人

      • 通常、成人には初回量として1日バクロフェン5~15mgを1~3回に分け食後経口投与し、以後患者の症状を観察しながら標準用量に達するまで2~3日毎に1日5~10mgずつ増量する。標準用量は1日30mgであるが患者の本剤に対する反応には個人差があるため、年齢、症状に応じて適宜増減する。
        • <参考>

          用量は次のとおり

          剤形1日量
          初回量標準用量
          錠5mg1~3錠6錠
    • 小児

      • 小児には、初回量として1日バクロフェン5mgを1~2回に分け食後に経口投与し、以後患者の症状を観察しながら、標準用量に達するまで2~3日毎に1日5mgずつ増量する。
        なお、症状、体重に応じて適宜増減する。

        小児の標準用量

        年齢1日量用法
        バクロフェンとして錠5mg
        4~6歳5~15mg1~3錠2~3回に分けて食後に経口投与する。
        7~11歳5~20mg1~4錠
        12~15歳5~25mg1~5錠
  • ギャバロン錠10mg

    • 成人

      • 通常、成人には初回量として1日バクロフェン5~15mgを1~3回に分け食後経口投与し、以後患者の症状を観察しながら標準用量に達するまで2~3日毎に1日5~10mgずつ増量する。標準用量は1日30mgであるが患者の本剤に対する反応には個人差があるため、年齢、症状に応じて適宜増減する。
        • <参考>

          用量は次のとおり

          剤形1日量
          初回量標準用量
          錠10mg0.5~1.5錠3錠
    • 小児

      • 小児には、初回量として1日バクロフェン5mgを1~2回に分け食後に経口投与し、以後患者の症状を観察しながら、標準用量に達するまで2~3日毎に1日5mgずつ増量する。
        なお、症状、体重に応じて適宜増減する。

        小児の標準用量

        年齢1日量用法
        バクロフェンとして錠10mg
        4~6歳5~15mg0.5~1.5錠2~3回に分けて食後に経口投与する。
        7~11歳5~20mg0.5~2錠
        12~15歳5~25mg0.5~2.5錠
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
副作用
(頻度不明注)
意識障害、呼吸抑制
意識障害、呼吸抑制等の中枢神経抑制症状があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。特に腎機能障害を有する患者においてあらわれやすいので注意すること。
依存性
本剤により幻覚・錯乱等が発現したという報告があり、精神依存形成につながるおそれがあるので観察を十分に行い慎重に投与すること。
注)自発報告又は海外において認められている副作用のため頻度不明。
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

てんかん患者及びその既往歴のある患者[症状を誘発するおそれがある。]
精神障害のある患者[精神症状が悪化するおそれがある。]
消化性潰瘍のある患者[腹痛等の消化器系の副作用が報告されており、症状が悪化するおそれがある。]
腎機能低下のある患者[本剤は大部分が未変化体のまま尿中に排泄されるため、このような患者では血中濃度が上昇することがあるので、用量の調節に注意すること。特に透析を必要とするような重篤な腎機能障害を有する患者においては、過量投与の症状(意識障害、呼吸抑制等)に注意すること(「用法・用量に関連する使用上の注意」、「副作用」、「過量投与」、「薬物動態」の項参照)。]
肝障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
呼吸不全のある患者[本剤の筋弛緩作用により呼吸抑制があらわれるおそれがある。]
高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
小児等(「小児等への投与」の項参照)

重要な基本的注意

本剤の長期連用中に投与を急に中止すると幻覚、せん妄、錯乱、興奮状態、痙攣発作等が発現したとの報告があるので、投与を中止する場合は、用量を徐々に減量するなど慎重に行うこと。
眠気等を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう注意すること。
本剤投与中の患者において、バクロフェン髄注による治療を行う場合には、患者の状態を慎重に観察しながら、髄注による治療開始前又は治療開始後の適切な時期に本剤の減量又は漸次中止を試みること。ただし、急激な減量又は中止を避けること。

適用上の注意

薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。)
本剤は大部分が未変化体のまま尿中に排泄されるため、腎機能が低下している患者では血中濃度が上昇することがあるので、このような患者では低用量から投与を開始すること。特に透析を必要とするような重篤な腎機能障害を有する患者においては、1日5mgから投与を開始するなど慎重に投与すること(「慎重投与」、「副作用」、「過量投与」、「薬物動態」の項参照)。

高齢者への投与

高齢者では生理機能が低下していることが多く、比較的低用量で筋力低下、倦怠感等があらわれることがあるので、低用量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[動物実験(ラット)で胎盤を通過することが報告されている。また、妊娠中に本剤を投与した患者で、新生児に離脱症状が疑われる全身痙攣があらわれたとの報告がある。]
ヒト母乳中に移行することがあるので、授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。

小児等への投与

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児には慎重に投与すること。[特にてんかん及びその既往歴のある患者では発作を誘発するおそれがある。]

薬物動態

血中濃度
健康成人に本剤5mg、10mgを食直後経口投与した場合、投与後3時間で最高血中濃度(それぞれ82.8ng/mL、121.8ng/mL)に達し、また生物学的半減期は5mg投与で4.5時間、10mgで3.6時間であった。
連続経口投与により5日間で5mg/日から30mg/日へ漸増した場合、1~5日では投与量の増加に伴い血中濃度が上昇する傾向を示したが、6日目に一定になる傾向が認められた。
代謝
本剤は大部分が未変化体として排泄されるが、一部は酸化的脱アミノ化されて4-hydroxy-3-(4-chlorophenyl)butyric acidになる。
排泄
健康成人に本剤5mg、10mgを経口投与した場合、尿中排泄率は投与後24時間でそれぞれ投与量の約81%、79%であった。
漸増法により連続投与した場合、累積投与量に対して尿中排泄率は1日目80.8%、2日目75.8%であり、3日目以降は62~63%と一定であった。