製品名 ロバキシン顆粒90%

一般名
Methocarbamol
薬効分類
中枢神経薬(その他)
 >中枢性筋弛緩薬
価格
90%1g:15.9円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 運動器疾患に伴う有痛性痙縮(腰背痛症,頸肩腕症候群,肩関節周囲炎,変形性脊椎症など)

用法・用量

  • メトカルバモールとして,通常成人1日1.5~2.25gを3回に分割経口投与する.
    なお,年齢,症状により適宜増減する.
    ただし,小児は1日体重1kg当たり60mgをこえてはならない.
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤及び類似化合物(クロルフェネシンカルバミン酸エステル等)に対し過敏症の既往歴のある患者
副作用
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

肝障害のある患者[肝障害を悪化させるおそれがある.]
腎障害のある患者[腎障害を悪化させるおそれがある.]

重要な基本的注意

眠気,注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので,本剤投与中の患者には,自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること.

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること.

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない.]
授乳中の女性には投与しないことが望ましいが,やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせる.[授乳中の投与に関する安全性は確立していない.]

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない).

薬物動態

健康成人男性(1名)に200mgのメトカルバモールを単回投与し血中薬物動態を検討した.最高血中濃度到達時間は30分で,おおよその半減期は,1.6時間であった.
注)本剤の承認された用量は「メトカルバモールとして,通常成人1日1.5~2.25gを3回に分割経口投与する.」である.