製品名 トピロリック錠20mg
トピロリック錠40mg
トピロリック錠60mg

一般名
Topiroxostat
薬効分類
痛風・高尿酸血症治療薬
 >尿酸生成抑制薬
価格
20mg1錠:19.6円/錠
40mg1錠:36.4円/錠
60mg1錠:52.8円/錠

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 痛風、高尿酸血症

用法・用量

  • 通常、成人にはトピロキソスタットとして1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与する。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。維持量は通常1回60mgを1日2回とし、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1回80mgを1日2回とする。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者[「相互作用」の項参照]
副作用
肝機能障害(2.9%)
AST(GOT)、ALT(GPT)等の上昇を伴う肝機能障害(重篤な肝機能障害は0.2%)があらわれることがあるので、本剤投与中は定期的に検査を行うなど、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
多形紅斑(0.5%未満)
多形紅斑があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
注意

次の患者には慎重に投与すること

重度の腎機能障害のある患者[使用経験がなく安全性が確立していない。]
肝機能障害のある患者[使用経験が少なく安全性が確立していない。]
本剤は尿酸降下薬であり、痛風関節炎(痛風発作)発現時に血中尿酸値を低下させると痛風関節炎(痛風発作)を増悪させるおそれがあるため、本剤投与前に痛風関節炎(痛風発作)が認められた場合は、症状がおさまるまで、本剤の投与を開始しないこと。また、本剤投与中に痛風関節炎(痛風発作)が発現した場合には、本剤の用量を変更することなく投与を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド等を併用すること。
薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)
尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の投与は1回20mgを1日2回から開始し、投与開始から2週間以降に1回40mgを1日2回、投与開始から6週間以降に1回60mgを1日2回投与とするなど、徐々に増量すること(「臨床成績」の項参照)。なお、増量後は経過を十分に観察すること。
本剤の適用にあたっては、最新の治療指針等を参考に、薬物治療が必要とされる患者を対象とすること。
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、経過を十分に観察し、慎重に投与すること。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与を考慮すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。また、動物実験(ラット)で胎児への移行が報告されている。]
授乳中の婦人には、本剤投与中は授乳を避けさせること。[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。]
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない)
血漿中濃度
単回投与
健康成人男子(30例)にトピロキソスタット20、40、80、120、180mgを絶食下で単回経口投与したときの血漿中未変化体濃度推移及び薬物動態学的パラメータを以下に示す。
(注)本剤の承認された最大投与量は、トピロキソスタットとして1回80mgを1日2回である。(「用法・用量」の項参照)
投与量Cmax(ng/mL)Tmax(h)T1/2(h)AUC0-∞(ng・h/mL)
20mg(n=6)229.9±81.60.67±0.414.97±1.79225.4±22.5
40mg(n=6)469.4±246.80.83±0.267.49±3.57580.2±109.4
80mg(n=6)822.3±390.50.75±0.275.16±1.011206.6±257.5
120mg(n=6)1318.4±371.20.92±0.494.56±0.732366.7±666.7
180mg(n=6)1773.5±926.60.75±0.427.11±5.012838.2±891.9
(平均値±標準偏差)
反復投与
健康成人男子(12例)にトピロキソスタット1回40mg又は1回80mgを1日2回、それぞれ摂食下で7日間反復経口投与したとき、血漿中濃度は3~4日で定常状態に達し、蓄積性は認められなかった。
1日投与量投与日Cmax(ng/mL)Tmax(h)T1/2(h)AUC0-12h(ng・h/mL)累積係数
80mg(n=6)1208.7±79.641.17±0.684.26±3.54419.8±94.65
7172.9±42.211.42±0.666.22±2.51443.9±86.811.087±0.225
160mg(n=6)1552.8±233.31.17±0.685.89±6.771044.4±314.1
7608.5±306.71.00±0.557.98±3.261137.1±267.21.130±0.231
累積係数[投与7日目のAUC0-12h/投与1日目のAUC0-12h](平均値±標準偏差)
食事の影響
健康成人男子(11例)にトピロキソスタット60mgを摂食下に単回経口投与したとき、絶食下投与と比較してCmaxは30%減少、AUC0-∞は食事の影響を受けなかった。
投与条件Cmax(ng/mL)Tmax(h)T1/2(h)AUC0-∞(ng・h/mL)
絶食下(n=11)579.3±284.60.89±0.5110.89±9.75793.5±139.2
摂食下(n=11)375.8±145.32.32±0.846.66±2.96838.8±223.9
(平均値±標準偏差)
分布(in vitroにおける成績)
14C-トピロキソスタットを20、200及び2000ng/mLの濃度でヒト血漿に添加したとき、たん白結合率は97.5~98.8%であった。
代謝・排泄
in vitroにおける成績)トピロキソスタットは主にグルクロン酸抱合体に代謝され、その代謝には主にUGT1A9が関与していた。
in vitroにおける成績)ヒト肝ミクロソームを用いたトピロキソスタットのCYP2C8/9、1A1/2、3A4及び2C19に対するKi値は14.8、21.9、41.6及び54.9μmol/Lで、CYP2A6、2B6、2D6及び2E1に対するIC50値は100μmol/L以上であった。
また、トピロキソスタットの薬物トランスポーターに対するIC50値は、OAT3、OAT1、BCRP及びOATP1B1が1.05、2.85、13.7及び41.7μmol/Lであり、MDR1、OCT2及びOATP1B3が50μmol/L以上であった。
健康成人男子(30例)にトピロキソスタット20、40、80、120、180mgを絶食下で単回経口投与したとき、投与後48時間までの尿中排泄率は、未変化体が投与量の0.1%未満、グルクロン酸抱合体が52.3~59.9%、N-オキサイド体が4.5~5.3%であった。
(注)本剤の承認された最大投与量は、トピロキソスタットとして1回80mgを1日2回である。(「用法・用量」の項参照)
健康成人男子(12例)にトピロキソスタット1回40mg又は1回80mgを1日2回、それぞれ摂食下で7日間反復経口投与したとき、投与期間中の尿中排泄率は、未変化体が投与量の0.1%未満、グルクロン酸抱合体が50.0~59.5%、N-オキサイド体が5.0~8.8%であった。
(外国人における成績)健康成人男子(6例)に14C-トピロキソスタット80mgを絶食下で単回経口投与したとき、尿糞中放射能排泄率は、投与後192時間までに尿中に投与量の76.8%、糞中に26.1%であり、呼気中には排泄されなかった。また、尿中放射能排泄率は、グルクロン酸抱合体が64.0%、N-オキサイド体が5.8%であった。
腎機能障害患者
軽度及び中等度腎機能低下被験者(各6例)にトピロキソスタット80mgを絶食下で単回経口投与したときの薬物動態パラメータは、腎機能正常被験者と差は認められなかった。
腎機能Cmax(ng/mL)Tmax(h)T1/2(h)AUC0-∞(ng・h/mL)
正常(n=6)740.3±411.10.67±0.268.44±2.921161.5±554.2
軽度低下(n=5)806.7±452.3[0.89]0.90±0.656.67±2.261372.7±659.3[1.17]
中等度低下(n=6)713.2±269.8[0.99]1.00±0.557.21±2.281426.6±622.4[1.23]
(平均値±標準偏差)[ ]:正常に対する幾何平均の比正常:Cin≧90mL/min/1.73m2、軽度低下:60≦Cin<90mL/min/1.73m2
中等度低下:30≦Cin<60mL/min/1.73m2(Cin:イヌリンクリアランス)
高齢者
非高齢者男性(20歳以上35歳以下の6例)及び高齢者男性(65歳以上の6例)、高齢者女性(65歳以上の6例)にトピロキソスタット80mgを絶食下で単回経口投与したときの薬物動態パラメータは以下のとおりであった。
投与群Cmax(ng/mL)Tmax(h)T1/2(h)AUC0-∞(ng・h/mL)
非高齢者男性(n=6)969.1±320.30.58±0.207.30±2.551264.0±190.7
高齢者男性(n=6)741.1±570.60.92±0.586.95±0.561213.8±431.0
高齢者女性(n=6)719.0±468.80.67±0.268.16±4.851523.5±423.3
(平均値±標準偏差)
薬物間相互作用
ワルファリン
健康成人男子(12例)にトピロキソスタット1回80mgを1日2回11日間反復経口投与し、6日目にワルファリン5mgを絶食下で単回経口投与したとき、ワルファリンR体のCmax及びAUC0-144hの幾何平均の比(併用投与/ワルファリン単独投与)は、1.07及び1.15であり、ワルファリンS体は1.11及び1.47であった。トピロキソスタットのCmax及びAUC0-12hの幾何平均の比(併用投与/トピロキソスタット単独投与)は、1.08及び1.01であった。