今日の臨床サポート

間質性膀胱炎

著者: 武井実根雄 医療法人原三信病院 泌尿器科

監修: 松田公志 関西医科大学 泌尿器科学教室

著者校正/監修レビュー済:2017/02/28

概要・推奨   

  1. 間質性膀胱炎とは、原因不明の膀胱痛を伴う非細菌性萎縮性膀胱炎である。
  1. 女性に多く(9割)、男性は慢性前立腺炎を合併することがある。頻度は人口の1%、遺伝素因は不明だが、食事習慣(酸、カリウム、刺激物)など環境因子が症状増悪因子となっている。
  1. 病態は、尿路上皮の尿の透過性の亢進に伴う間質の炎症で、グリコサミノグリカン層(GAG)の機能異常と肥満細胞の増多が認められる。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約 が必要と なります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
武井実根雄 : 講演料(キッセイ薬品工業(株))[2021年]
監修:松田公志 : 講演料(アステラス製薬株式会社),奨学(奨励)寄付など(小野薬品工業株式会社)[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報  
  1. 間質性膀胱炎とは、原因不明の膀胱痛を伴う非細菌性萎縮性膀胱炎である。
  1. 特徴的な膀胱鏡所見:膀胱上皮のびらん(ハンナー潰瘍:<図表>)や膀胱水圧拡張時の点状出血<図表>を認める。
  1. 女性に多く(9割)、男性は慢性前立腺炎を合併することがある。
  1. 頻度は人口の1%、遺伝素因は不明だが、食事習慣(酸、カリウム、刺激物)など環境因子が症状増悪因子となっている。
  1. 病態は、尿路上皮の尿の透過性の亢進に伴う間質の炎症で、グリコサミノグリカン層(GAG)の機能異常と肥満細胞の増多が結果として認められる。
  1. 尿に対する膀胱の知覚過敏であり、免疫学的に亢進した病態である。<図表>
  1. 診断は、膀胱尿充満時の痛み、圧迫感、不快感を伴い、細菌性膀胱炎や膀胱結石など既知の同様な症状を呈する疾患を除外して診断とする。
  1. 間質性膀胱炎(ハンナ型)は、指定難病であり、重症の場合などでは、申請し認定されると保険料の自己負担分の一部が公費負担として助成される。([平成27年7月施行])
  1.  難病法に基づく医療費助成制度 
問診・診察のポイント  
  1. 頻尿を訴えるため、排尿日誌をつけさせることが重要である。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Tomohiro Ueda, Masahiro Tamaki, Osamu Ogawa, Naoki Yoshimura
雑誌名: J Urol. 2002 Jan;167(1):347-51.
Abstract/Text PURPOSE: We examined whether the expression of angiogenic factors, such as platelet-derived endothelial cell growth factor/thymidine phosphorylase (PDEGF/TP) and transforming growth factor-beta, in bladder tissue correlates with the severity of symptoms, such as urinary urgency and bladder pain, in patients with bladder carcinoma and interstitial cystitis.
MATERIALS AND METHODS: Bladder biopsy was performed in 32 patients with bladder carcinoma, including 19 with interstitial cystitis and 3 controls. Immunohistological staining for PDEGF/TP, transforming growth factor-beta and CD44 was performed in bladder specimens. PDEGF/TP in bladder tissues was also measured by enzyme-linked immunosorbent assay to examine the correlation of the expression of this factor with painful symptoms in patients with bladder carcinoma or interstitial cystitis.
RESULTS: Immunohistochemical staining showed that PDEGF/TP stained in the submucosal layer beneath the basement membrane in bladder tissues of patients with interstitial cystitis and peritumoral areas of those with bladder carcinoma. In addition, PDEGF/TP, transforming growth factor-beta and CD44 stained in the same submucosal region and staining was observed at deeper submucosal levels in interstitial cystitis cases with severe rather than mild bladder pain. Quantitative analyses revealed that mean PDEGF/TP expression plus or minus standard deviation in tumor tissues of 10 patients with bladder carcinoma and pain was significantly higher than in tumor tissues of 22 with asymptomatic bladder carcinoma (129.3 +/- 70.7 versus 37.6 +/- 29.2 units per mg. protein). The mean expression of PDEGF/TP in peritumoral mucosa of patients with bladder carcinoma and pain was also significantly higher than in those with asymptomatic bladder carcinoma (75.5 +/- 42.1 versus 12.6 +/- 5.4 units per mg. protein). For interstitial cystitis mean expression in 6 patients with severe bladder pain was significantly higher than in 13 with moderate pain (79.2 +/- 59.2 versus 16.6 +/- 17.5 units per mg. protein). Mean expression in bladder tissues of controls was less than 2.3 units per mg. protein.
CONCLUSIONS: These results suggest that angiogenic factors, such as PDEGF/TP and transforming growth factor-beta, may be involved in the inflammatory process to induce painful symptoms in patients with interstitial cystitis or bladder carcinoma. Proteoglycans such as CD44 may contribute to the presentation of these soluble angiogenic factors at the inflammation site.

PMID 11743354  J Urol. 2002 Jan;167(1):347-51.
著者: Tomohiro Ueda, Masayuki Nakagawa, Motohiro Okamura, Hideki Tanoue, Hiroshi Yoshida, Naoki Yoshimura
雑誌名: Int J Urol. 2008 Dec;15(12):1039-43. doi: 10.1111/j.1442-2042.2008.02179.x. Epub 2008 Nov 13.
Abstract/Text OBJECTIVES: Diagnosing the bladder lesions associated with interstitial cystitis/painful bladder syndrome (IC/PBS) is sometimes difficult for general urologists. We therefore aimed to develop an IC/PBS diagnosis method using a cystoscope with a narrow-band imaging (NBI) system that can detect mucosal angiogenic lesions.
METHODS: Fifty-two subjects suspected of having IC between October 2006 and June 2007 were included in this study. There were 49 women and three men, ranging in age from 19 through 85 with an average age of 59. First, conventional cystoscopy under spinal anesthesia was performed to examine the ulcerative lesions by a urological specialist. Then, other health care professionals made a separate observation of capillary-rich areas of the superficial layer of the bladder mucosa by cystoscopy with the NBI system.
RESULTS: Among the 52 patients, 37 cases were found to have ulcers by conventional cystoscopy, which were also recognized as capillary-rich brownish areas using the NBI system (100% accuracy); 13 cases were found to have NBI-positive areas without ulcer, which were coincided with those with petechial hemorrhages and glomerulations following subsequent hydrodistention; and two cases of normal mucosa were detected. Furthermore, six cases of bladder cancer (carcinoma in situ) were detected by biopsies that were obtained from the ulcerative lesions positively identified by NBI cystoscopy.
CONCLUSIONS: Examining the urinary bladder mucosa with a flexible cystoscope with the NBI system makes it possible to easily detect ulcers of bladder mucosa and areas with angiogenesis. Therefore, it is considered that the use of a flexible cystoscope with the NBI system is highly practical for the IC/PBS diagnosis.

PMID 19054176  Int J Urol. 2008 Dec;15(12):1039-43. doi: 10.1111/j.144・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから