頭痛 :トップ    
監修: 高橋裕秀 みどり野リハビリテーション病院
竹島多賀夫 社会医療法人寿会富永病院

概要

症状のポイント:
  1. 頭痛(英語:headache、cephalalgia)とは、頭部の一部あるいは全体の痛みの総称であり、後頭部と後頚部の境界、眼の奥の痛みも頭痛として扱う。頭皮の外傷や感染などによって生じる頭の一部の表面の痛みは通常は頭痛とはいわない。
  1. 頭痛は、熱や腹痛と同様に症状名であるが、慢性的に頭痛発作を繰り返す場合に、疾病(頭痛症)として取り扱う。
  1. 国際頭痛分類第3版beta版: 解説 
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 診断に基づいて、治療を行う。アセトアミノフェン(カロナール)やロキソプロフェン(ロキソニン)などのNSAIDsによる症状治療を行う。
  1. 治療の詳細は  緊張型頭痛 、 片頭痛 、 群発頭痛 、 後頭神経痛 、 薬物乱用頭痛 、 腰椎穿刺後頭痛 などの各項目を確認してほしい。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. ポイント:
  1. 緊急性の高い二次性頭痛の診断または除外をすることが診療の第一歩である。また、片頭痛や群発頭痛などの一次性頭痛は生命の危険は少ないが、重度の痛みで患者の苦痛が著しい疾患である。適切に診断し速やかに治療することが重要である。
  1. 頭痛の診断は、国際頭痛分類第3 版β版の診断基準(ICHD-3β)に沿って行う。ICHD-3βは階層的な頭痛分類がなされている。プライマリケアでは、ICHD-3βの頭痛グループ(2桁でコードされるレベル)、すなわち、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛のレベルで診断できることが求められる。神経内科専門医、頭痛専門医は3桁のレベル、すなわち「1.2.1典型的前兆を伴う片頭痛」、「1.2.2脳幹性前兆を伴う片頭痛」などの診断ができる必要がある。
  1. 危険な頭痛の簡易診断アルゴリズム:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

急性頭痛初診時の対応検査例
  1. 救急室や時間外に頭痛で受診する患者は、二次性頭痛が疑われるケースが多いが、重度の片頭痛発作で治療を求めて来院する患者もある。病歴聴取・神経学的評価により、二次性頭痛の可能性を判断する。特に高齢で初発を認める患者ではMRI/MRAによる評価を行うことが望ましい。
  1. 危険な頭痛の簡易診断アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 二次性頭痛の診断のための検査を行う。
  1. 一次性頭痛であれば適切な処置を行う。
○ 二次性頭痛が疑われる場合、1)~8)を行う。中枢神経感染症が疑われる場合は9)を追加する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

危険な頭痛の簡易診断アルゴリズム
片頭痛のマネージメント
著者校正/監修レビュー済
2017/06/30


詳細ナビ