抗うつ薬・気分安定薬の副作用 :トップ    
監修: 上島国利 昭和大学
渡辺雅幸 東京医療学院大学

概要

ポイント:
  1. 抗うつ薬は、さまざまな神経伝達物質受容体遮断作用を有しており、そのことが副作用と関連している。
  1. 三環系抗うつ薬(第1世代抗うつ薬)は、特に副作用がめだっていた。
  1. 第2世代抗うつ薬や、新規抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)は、三環系抗うつ薬に比較すれば、副作用は軽減されている。しかし、これらの新規薬に特徴的な副作用も存在する。
 
抗うつ薬の副作用:
  1. 賦活症候群: >詳細情報 
  1. 抗うつ薬の投与初期や増量後に、不安、焦燥、不眠、衝動性が高まる。これを賦活症候群activation syndromeというが、時間が経つと軽快することが多い。
 
  1. 抗コリン性副作用: >詳細情報 
  1. 多くの抗うつ薬、特に三環系抗うつ薬は、抗コリン性副作用を生じる。その結果、口渇、かすみ目、便秘を生じる。特に高齢者では認知機能障害を生じ、せん妄などを生じることがある。口渇にはエチルシステイン、白虎加人参湯、人工唾液を用いる。便秘には下剤を用いる。
 
  1. 胃腸症状: >詳細情報  
  1. SSRIとSNRIでは胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢)の出現が多い。投与開始後1~2週間が多い。通常は一過性で連続投与により自然軽快する。悪心にはスルピリドないしドンペリドンを、下痢にはロペラミドを用いる。
 
  1. 性機能障害: >詳細情報 
  1. SSRIによりときに射精遅延、無オルガズム症などの性機能障害を生じることがある。
  1. なお第2世代薬のトラゾドンでは持続性勃起症の報告がある。
 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

セロトニン症候群の治療例
  1. 治療は次のように行う。
  1. すべてのセロトニン活性のある薬物の中止
  1. 発熱へのクーリング
  1. 意識障害、呼吸不全、多臓器不全、DICなどの重篤な合併症への注意
  1. 非特異的セロトニン受容体拮抗作用のあるシプロヘプタジン(ペリアクチン)の投与4-12-24 mg/日 経口
  1. 不安症状に対してはクロナゼパムなどのベンゾジアゼピン系薬剤を使用する。
○ 1)を用いるが、不安があれば2)を追加する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/08/19