水疱 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
鶴田大輔 大阪市立大学大学院 医学研究科

概要

症状のポイント:
  1. 水疱とは、表皮の内部(表皮内水疱)、または表皮と真皮の間(表皮下水疱)に組織液や血漿などの液体が貯留した結果生じる皮疹である。
  1. 水疱は、臨床的に隆起性病変で、内容が滲出液からなる。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 熱傷で水疱が多発している場合、中毒性表皮壊死症やStevens-Johnson症候群、表皮水疱症で幽門閉鎖を合併するタイプでは、緊急対応が必要なことがある。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 水疱を生じる疾患は多種多様であるので、しっかりとした診断が重要で、そのために、問診、診察、適切な検査が必要となる。
 
診断へのアプローチ:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 水疱を生ずる疾患は多岐にわたる。
  1. 水疱症とは、水疱形成を主体とし、免疫異常を伴う自己免疫性と遺伝子の変異で生じる遺伝性に大別される。
  1. 遺伝性水疱症の主な疾患は表皮水疱症であり、原因遺伝子は10種類以上報告されている。
  1. 感染症、自己免疫、遺伝子変異、腫瘍、アレルギーなどの原因を常に念頭におく。
  1. 薬疹などでも水疱をみることがあるので、薬歴も詳しく聞く。
  1. 遺伝性のものもあるので、家族歴も詳しく聞き、家系図なども聴取する。
  1. 多くの場合、診断の過程で、採血検査、病理検査、蛍光抗体が必要になる場合が多い。
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: 鑑別疾患 )
  1. 下記の疾患が頻度の高い疾患、重篤な疾患、まれな治療可能な疾患である。
  1. 頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 水疱性類天疱瘡、尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡、線状IgA水疱性皮膚症、表皮水疱症
  1. 重篤な疾患: >…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

水疱性類天疱瘡の初期治療例
  1. ステロイドの内服が推奨される。
○ 1)を第1選択薬とする。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

水疱診断のアルゴリズム
尋常性天疱瘡(口腔粘膜)
劣性栄養障害型 表皮水疱症(重症汎発型[右上肢])
優性栄養障害型(背部)
水疱性類天疱瘡
落葉状天疱瘡
著者校正/監修レビュー済
2017/12/25