自家感作性皮膚炎 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
加藤則人 京都府立医科大学 皮膚科学

概要

疾患のポイント:
  1. 自家感作性皮膚炎とは、ある部位に限局する皮膚の強い炎症(原発巣)に続いて、細かい急性湿疹性の丘疹(散布疹)が全身の皮膚に多発する疾患である。
  1. 自家感作性皮膚炎の原発巣としては、接触皮膚炎や貨幣状湿疹の頻度が高いが、アトピー性皮膚炎、うっ滞性皮膚炎、足白癬、熱傷による皮膚潰瘍なども挙げられる。
  1. 散布疹については、急性痒疹や小児ストロフルス、疥癬、水痘やカポジ水痘様発疹症、Gianotti-Crosti症候群などのウイルス感染症、中毒疹などが鑑別に挙げられる。
 
診断: >詳細情報 
  1. 貨幣大以上の大きさの湿潤、滲出傾向のあるびらんを伴う紅斑局面とともに(原発巣・<図表>)、数日から数週間の経過で激しい痒みを伴う粟粒大から米粒大の漿液性丘疹や小水疱、小膿疱(散布疹・<図表>)が体幹や四肢の特に伸側に多発していれば、自家感作性皮膚炎の可能性が高い。
  1. 散布疹については、急性痒疹や小児ストロフルス、疥癬、水痘やカポジ水痘様発疹症、Gianotti-Crosti症候群などのウイルス感染症、中毒疹等を除外する。
 
重症度・予後評価: >詳細情報 
  1. 原発巣が多発している、散布疹が広い範囲にみられる、散布疹の増数傾向が強い、などの場合に、病勢が強いと判断する。
 
治療:
  1. 散布疹:
  1. 散布疹に対してはステロイド外用を行う。
  1. 原発巣:
  1. 原発巣が湿疹性病変の場合には、同様にステロイド外用を行う。原発巣が足白癬や皮膚潰瘍など湿疹性病変でない場合には、それぞれの疾患に応じた治療を行う。
  1. 痒み:
  1. 痒みに対して、抗ヒスタミン薬を内服する。
 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

自家感作性皮膚炎の初期治療例
  1. 散布疹にはステロイド外用薬が推奨される。
  1. 痒みが強い場合には抗ヒスタミン薬内服の併用を考慮する。
  1. 原発巣が湿疹性病変の場合には、同様にステロイド外用が推奨される。
○ 原発巣が湿疹性病変と判断した場合は、原発巣、散布疹とも、1)を処方する。痒みが強い場合には、2)の併用を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

自家感作性皮膚炎
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01