今日の臨床サポート

貨幣状湿疹

著者: 須藤一 順天堂大学 皮膚科学講座

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2022/05/25
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. さまざまな年齢に発症する貨幣状(類円形~円形)の湿疹性疾患。
  1. 冬期の皮膚の乾燥を契機に発症することが多いが、病巣感染や金属アレルギーなどにより増悪することがある。
  1. 基礎疾患がある場合はその治療を必要とすることもあるが、通常はステロイド外用薬の塗布(推奨度1)、瘙痒が強い場合は抗アレルギー薬(推奨度1)使用して治療する。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
須藤一 : 未申告[2022年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(マルホ,サノフィ,協和キリン),原稿料(医学書院)[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、説明の文章をわかりやすい表現に改訂した。
  1. 参考文献を追加した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 貨幣状(類円形~円形)の形態的特徴から診断される湿疹の病型の1つ。
  1. あらゆる年齢に発症する。著明な性差はなく、罹患率は1~3/1000人程度。
  1. 皮疹は四肢伸側、特に下腿に多く、背~腰部、手背ほか、ときに顔面にも発症する。
  1. 多くは冬に再発・増悪し、夏に軽快・治癒することが多い。瘙痒は無~激痒までと一定しない。
  1. 皮疹は漿液性丘疹・小水疱性の変化(点状状態)から始まる。慢性期になると徐々に苔癬化を呈し、乾燥・落屑し、痂皮をつけることもある。
  1. 組織学的には湿疹の所見をとる。
  1. 種々の病因により発症するが、貨幣状を呈する理由やその本態はいまだ不明である。
  1. 下腿の血流障害や浮腫、皮膚の乾燥・粗造、扁桃・歯槽・胆嚢・前立腺などの病巣感染[1]、虫刺症、ニッケルなどの金属アレルギー[2][3]、生物学的製剤を含むさまざまな薬剤[4]や、原虫、ヘリコバクター・ピロリ、ウイルス感染等[1]を契機に発症することもある。
  1. 通常の湿疹よりも治療に抵抗し、治療後色素沈着を長く残すことがある。同一部位に再発する傾向が強い。
問診・診察のポイント  
  1. 貨幣状湿疹は下肢伸側(図<図表>,図<図表>,図<図表>)や背~腰部、手背等(図<図表>)に好発する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

W J Kim, H C Ko, M B Kim, D W Kim, J M Kim, B S Kim
Features of Staphylococcus aureus colonization in patients with nummular eczema.
Br J Dermatol. 2013 Mar;168(3):658-60. doi: 10.1111/j.1365-2133.2012.11072.x.
Abstract/Text
PMID 22630164
Domenico Bonamonte, Caterina Foti, Michelangelo Vestita, Luigi Davide Ranieri, Gianni Angelini
Nummular eczema and contact allergy: a retrospective study.
Dermatitis. 2012 Jul-Aug;23(4):153-7. doi: 10.1097/DER.0b013e318260d5a0.
Abstract/Text BACKGROUND: Etiopathogenesis of nummular eczema is obscure; many causative factors have been proposed. Only a few studies investigated the relevance of contact allergy.
OBJECTIVE: This retrospective study aimed to investigate the role of contact allergy in the underlying mechanism of nummular eczema.
METHODS: From the 29,323 consecutive patients, we patch-tested for eczematous dermatitis of various type, 1022 (3.5%) with nummular eczema were enrolled. Data were collected for each patient, including age, sex, occupation, symptoms onset and duration, onset and spread sites, and clinical evidence or history of atopy. Histological analyses of acute phase lesions were carried out in some patients.
RESULTS: Peak incidence of age at disease onset was found in the third decade of life. Predominant sites of lesions were upper (75.8%) and lower (64.5%) limbs, followed by trunk, dorsum of the hands, and face and neck. Three hundred thirty-two (32.5%) of 1022 patients showed positive reactions to 1 or more allergens. Highest sensitization rates were found with nickel sulfate (10.2%), potassium dichromate (7.3%), and cobalt chloride (6.1%). Histopathology showed less pronounced spongiosis in atopic subjects and the elderly.
CONCLUSIONS: Because this study demonstrates that contact allergy is common with nummular eczema, patch testing is strongly advisable in every patient with persistent nummular dermatitis.

PMID 22828253
Sandeep Khurana, V K Jain, Kamal Aggarwal, Sanjeev Gupta
Patch testing in discoid eczema.
J Dermatol. 2002 Dec;29(12):763-7.
Abstract/Text Fifty patients of both sexes with clinically suspected discoid eczema were patch tested with the Indian Standard Patch Test Battery approved by the Contact and Occupational Dermatosis Forum of India (CODFI). Most of these patients were young adults between 20 and 39 years old, with a mean age of 36 years. The mean duration of symptoms was 21/2 years. The occupational profiles of the patients included farmers (24%), housewives (18%), students (14%), housewives engaged in farming (12%), shopkeepers (10%), and laborers (8%). The miscellaneous group, including technicians, drivers, cable operators, office workers, and computer operators, accounted for the remaining 14%. The common clinical patterns of presentation of discoid eczema included hands and feet (44%), hands and forearms' (30%), legs and feet (12%) and trunk and limbs (12%). Patch test analysis of these patients revealed that, out of the 50 subjects tested, 28 (56%) reacted to one or more allergens. Potassium dichromate was the most common allergen (20%), followed by nickel (16%), cobalt chloride, and fragrance (12% each) in decreasing order of frequency. Hence, it may be concluded that patch testing should be considered for all patients with severe or persistent discoid eczema because allergic contact dermatitis may be relatively common in such patients and the avoidance of offending allergens may be of substantial benefit to the patients.

PMID 12532040
Ari Benjamin Gutman, Albert M Kligman, Joslyn Sciacca, William D James
Soak and smear: a standard technique revisited.
Arch Dermatol. 2005 Dec;141(12):1556-9. doi: 10.1001/archderm.141.12.1556.
Abstract/Text BACKGROUND: Atopic dermatitis, nummular eczema, chronic hand dermatitis, palmar plantar psoriasis, and xerotic eczema are common inflammatory skin conditions. They may be refractory to conventional topical and even systemic treatment. Little evidence is available that demonstrates the benefits of aggressive topical treatment of patients with these disorders.
OBJECTIVE: To describe a simple, inexpensive, effective topical treatment with an accompanying patient educational sheet.
DESIGN: A retrospective study of 28 patients referred to a tertiary care center for refractory chronic pruritic eruptions. Intervention with a plain water 20-minute soak followed by smearing of mid-strength to high-strength corticosteroid ointment led to clearing or dramatic improvement.
RESULTS: Objective and symptomatic improvement was obtained from aggressive topical treatment. It was well accepted in this group of referral patients.
CONCLUSIONS: Hydration for 20 minutes before bedtime followed by ointment application to wet skin and alteration of cleansing habits is an effective method for caring for several common skin conditions. Prospective studies are needed to further validate these findings.

PMID 16365257
Abstract/Text A total of 113 patients with nummular eruptions of unknown origin were collected over a period of 8 years. This number was reduced to 82 patients by exclusion of known clinical entities which became unmasked during the study. All 82 patients were found to have varicose veins and/or edema of the lower extremities. Autoeczematization may be the common denominator.

PMID 422311
T G Rollins
From xerosis to nummular dermatitis. The dehydration dermatosis.
JAMA. 1968 Oct 14;206(3):637.
Abstract/Text
PMID 5695586
Abstract/Text
PMID 13881857

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから