手湿疹 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
矢上晶子 藤田保健衛生大学 皮膚科学講座

概要

疾患のポイント:
  1. 手湿疹は、日常的にありふれた疾患であり診断は容易であるが、発症すると難治性のことが多い。
  1. アトピー性皮膚炎や医療従事者・美容師などの職種、頻回な手洗いなどの生活習慣が発症の大きな要因となる。
 
診断: >詳細情報 
  1. 手湿疹とは、手首から指先部分の湿疹・皮膚炎様病変である。
  1. 貨幣状の局面がある場合は貨幣状湿疹、多汗とともに汗疱状の小水疱を主とした場合は異汗性湿疹(<図表>)、角化と亀裂、指紋の消失をみる場合は進行性指掌角皮症(<図表>)などの形態的病名が用いられている。
  1. また、アトピー性皮膚炎に手の湿疹様変化を伴う場合はアトピー性皮膚炎(<図表>)そのものであり、外的要因が発症に関与しているものは接触皮膚炎(<図表>) などの病名がつけられている。
 
治療: >詳細情報 
  1. 治療には、原因物質からの回避、非特異的な刺激物からの防御としての保湿、外用薬を用いた治療が挙げられる。
  1. 接触アレルゲンの防御としては、パッチテストで原因アレルゲンを確定し、その物質からの防御を目的に保護手袋を着用する。
  1. 保護保湿の軟膏・クリームの外用を励行する。
  1. 急性皮膚炎に対しては、ベリーストロング以上のステロイド外用薬ないしはステロイド外用後プラスチック手袋着用による密封療法(ODT)を用いて急性の炎症を鎮静化させる。

予後: >詳細情報 
  1. 手湿疹は完治が難しいため、治療期間は比較的長い。

専門医相談のタイミング: >詳細情報 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

重篤な手湿疹の初期治療例
  1. 漫然と外用していても手湿疹は治らない。
  1. ベリーストロング以上のステロイド外用薬が推奨される。また、亀裂には亜鉛華軟膏の重層塗布が有用である。
  1. ステロイド外用剤に加え、保湿剤の塗布も同時に行う。
  1. 外用薬による治療以外の対策や検査を以下に挙げる。
  1. 手指の乾燥や亀裂が主体の場合:洗剤などの刺激を避け保湿を心がける。
  1. 水仕事の際にはゴム手袋を装着する。
  1. 水仕事の後には必ず保湿剤を手指を含め、手全体に塗布する。
  1. 湿疹や痒みが出現した際には、早期に薬剤を使用し、症状が悪化もしくは遷延化する前に治すように努める。
  1. 手背にも発疹がある場合:
  1. ゴム手袋や洗浄剤などの日用品や職業性に接触する物質によるアレルギー性接触皮膚炎を念頭に、パッチテストによる原因物質の特定を行う。
  1. 皮疹に応じたステロイド外用薬を塗布する。
○ 1)もしくは2)と3)を併用する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

手湿疹の診断
手湿疹の一般的な治療
進行性指掌角皮症
アトピー性皮膚炎
美容師の手湿疹
掌蹠膿疱症
掌蹠膿疱症
手カンジダ症(カンジダ性指間びらん)
凍瘡
SLE
著者校正/監修レビュー済
2017/01/26