光線過敏症 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
川田暁 近畿大学 皮膚科学

概要

疾患のポイント:
  1. 光線(日光)によって皮膚症状が生じる疾患を光線過敏症という。
  1. 光線過敏症は、日光に当たることによって皮膚症状が生じることと、皮膚症状が日光の当たる部位に認められることの2点から、疑われる。
  1. 光線過敏症には、光線過敏症型薬疹、日光蕁麻疹、多形日光疹、慢性光線過敏性皮膚炎、色素性乾皮症、皮膚ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリン症と晩発性皮膚ポルフィリン症)などがある。
  1. 光線によって皮膚症状が誘発されたり悪化する疾患を光線増悪性疾患という。代表的なものとして全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚筋炎、シェ―グレン症候群、単純性疱疹、肝斑などが挙げられる。その他、類天疱瘡、天疱瘡、Darien病、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、毛孔性紅色粃糠疹、多型滲出性紅斑、Sweet病なども、時に日光曝露によって増悪する。
 
診断: >詳細情報  アルゴリズム
  1. まず最初に、光線によって皮膚症状が誘発されたり悪化する疾患(全身性エリテマトーデス(SLE)などの光線増悪性疾患)を除外する。
  1. その後、鑑別疾患にもとづき、光線テスト・光パッチテストなどの評価を追加し、診断する。
 
  1. 光線過敏症型薬疹:
  1. 薬剤を通常1~2週間内服後に露光すると皮膚症状が出現する<図表>。症状としては紅斑・丘疹・水疱・痒みがみられる。皮膚科専門医のもとで、光線テスト・光パッチテスト・内服照射試験を行ない、それらの結果のいずれかが陽性をみとめることで診断となる。
  1. 日光蕁麻疹:
  1. 露光後に膨疹と痒みが出現する疾患である。<図表>。皮膚科専門医のもとで、誘発テストを行い、それらの結果のいずれかが陽性をみとめることで診断となる。
  1. 多形日光疹 <図表> と慢性光線過敏性皮膚炎 <図表>
  1. 紅斑・丘疹・水疱・鱗屑・苔癬化・痒みがみられる。皮膚科専門医のもとで、生検・光線テスト・誘発テストを行い、それらの結果のいずれかが陽性をみとめることで診断となる。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

光線過敏症の中で特に皮膚ポルフィリン症が疑われた時の検査例
  1. 露光直後に灼熱感と浮腫性紅斑、数時間後に水疱や血疹が生じるなど、特に皮膚ポルフィリン症が疑われる場合に限って、血中・尿中ポルフィリン体を測定する。
○ 光線過敏症の中で、時にポルフィリン症が強く疑われた場合に限って、スクリーニングとして1)~5)の検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

光線過敏症診断アルゴリズム
日光蕁麻疹
多形日光疹
慢性光線過敏性皮膚炎
骨髄性プロトポルフィリン症
晩発性皮膚ポルフィリン症
光線過敏症型薬疹
色素性乾皮症
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01