ジベルばら色粃糠疹 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
多田弥生 帝京大学医学部附属病院皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. ジベルばら色粃糠疹とは、若年から青年期に多い主として体幹に落屑性小紅斑が多発する炎症性角化症の1つである。上気道感染の2~3週間後に発症することが多い。
 
診断: >詳細情報 
  1. 視診により診断する。
  1. 体幹に対称性に径数cmの小紅斑が多発し、紅斑上に首飾り状の鱗屑をつける。紅斑の長軸が割線方向に向く配列を示すことが特徴である。左右対称性の分布で、背部ではクリスマスツリー様の配列を示す。<図表><図表>
  1. 播種性紅斑に先行して大型の紅斑(herald patch)を約半数の例で認める。herald patchは播種性紅斑が生じた後も持続している。herald patchを認めればほぼ診断は間違いがない。<図表>
  1. 痒みはないときもある。あっても軽度である。
  1. 鑑別すべき疾患には、薬疹、急性滴状乾癬、急性苔癬状痘瘡状粃糠疹、梅毒2期疹などがある(鑑別方法: >詳細情報 )。
 
予後:
  1. 急速に紅斑が多発するので、患者は不安を感じている。1~2カ月で自然に軽快することを説明する。
  1. 内科疾患が隠れているのではないかと心配する患者もいる。内科疾患とは関係ないことを説明する。
 
治療: >詳細情報 
  1. 皮疹に対して、抗アレルギー薬の内服とステロイド薬の外用を行う。経過をみて、紅斑が明らかに退色傾向を示したときは、外用ステロイド薬のランクを下げる。
  1. 発熱や関節痛があれば、適宜、非ステロイド抗炎症(NSAIDs)薬の内服を行う。
 
専門医相談のタイミング: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初期治療例
  1. 抗アレルギー薬の内服とステロイド薬の外用を行う。発熱や関節痛があれば、適宜、非ステロイド抗炎症(NSAIDs)薬の内服を行う。
  1. 炎症症状が強いときは、短期間、ステロイド薬の内服を行う。
〇 皮疹に対して重症度に応じて1)-3)のいずれかを用いる。かゆみに対して4)を、発熱・関節痛に対して5)を、炎症が強いときは6)を用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

ジベルばら色粃糠疹
ジベルばら色粃糠疹のherald patch
急性滴状乾癬
2期梅毒
ジベルばら色粃糠疹
著者校正/監修レビュー済
2016/05/13