日光角化症 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
爲政大幾 大阪府立成人病センター 腫瘍皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. 日光角化症(solar keratosis)は別名光線角化症(actinic keratosis)とも呼ばれており、長年の紫外線曝露によって生じた表皮角化細胞の悪性化による腫瘍性病変である。
  1. 自然消退することもあるが、実態は表皮の異形成であり、一部は有棘細胞癌(SCC)の早期病変そのものである。進行してSCCとなると転移を生じることがある。
 
診断: >詳細情報 
  1. 多くは視診と触診で診断可能であるが、診断確定に皮膚生検による病理組織検査を必要とする場合もある。
  1. 視診上は、境界がやや不鮮明な淡紅色~紅褐色局面で、表面がやや角化してざらざらしている場合が多い(<図表>)。境界明瞭な局面を形成する場合や、淡褐色から黒色の色素沈着を呈する場合、軽度の萎縮局面を呈する場合、皮角を呈する場合もある。<図表>
  1. ダーモスコピー検査は除外診断の意味からも有用である。
  1. ダーモスコピー検査では、色素沈着が顕著でなければ、strawberry pattern(<図表>)やlinear wavy vesselsなどの特徴的所見を示すとされている[4]。
  1. 脂漏性角化症(<図表>)、扁平苔癬様角化症(<図表><図表>)、 Bowen病 、 基底細胞癌 (表在型)、日光黒子、悪性黒子( 悪性黒色腫 参照)、脂漏性湿疹、尋常性乾癬、扁平苔癬、接触皮膚炎などを除外する。
 
重症度・予後: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 多くは視診と触診で診断可能であるが、診断確定に皮膚生検による病理組織検査を必要とする場合もある。
  1. 視診上は、境界がやや不鮮明な淡紅色~紅褐色局面で、表面がやや角化してざらざらしている場合が多い(<図表>)。境界明瞭な局面を形成する場合や、淡褐色から黒色の色素沈着を呈する場合、軽度の萎縮局面を呈する場合、皮角を呈する場合もある。<図表>
○ 視診にて診断が困難な場合は1)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

日光角化症診療アルゴリズム
日光角化症:禿頭部の多発例
日光角化症:色素沈着を伴う萎縮型
皮角を形成した日光角化症
日光角化症:日光黒子と混在し多発
日光口唇炎
鑑別疾患:脂漏性角化症
鑑別疾患:扁平苔癬様角化症
日光角化症に生じた有棘細胞癌
日光角化症のダーモスコピー所見
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01


  • 皮膚 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ