ボーエン病 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
清原隆宏 関西医科大学 総合医療センター皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. ボーエン病とは、病因の特定できない表皮内癌のことであり、現在は、表皮ケラチノサイトの癌そのものと考えられている。
 
診断: >詳細情報 
  1. 高齢者に生じる単発性の扁平隆起性局面をみたら、ボーエン病を想起する。
  1. ケラチノサイトの表皮内癌であるため、わずかではあっても表面に角化傾向を反映するような鱗屑および痂皮を付着する。
  1. ゆっくりと拡大する、不整な辺縁を有する浸潤の少ない境界明瞭な紅褐色局面である(<図表>a)。
  1. ダーモスコピーでは、小点状血管が比較的規則的に分布しているが(<図表>b)、強拡大にすると糸球体様状血管として観察されるものもある。
  1. 多発している場合は、砒素摂取歴について詳細に問診する。
 
治療: >詳細情報 
  1. 外科的切除が第1選択である。表皮内癌であるので、病理組織学的に側方断端陰性になる範囲の切除マージンで十分である。(手術適応・手術の選択: >詳細情報 )年齢、病変の広がり、手術拒否などにより切除困難な場合は、凍結療法、局所化学療法、放射線治療を選択する。

専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. ボーエン病は表皮内癌であるが悪性腫瘍であるため、診断および治療については皮膚科専門医にゆだねる。
 
臨床のポイント:
  1. 高齢者に多く見られる表皮内有棘細胞癌であり、臨床的には不整な辺縁を有する境界明瞭な紅褐色角化性局面である。
  1. 多発する場合には砒素摂取との関連性が高い。
  1. 確定診断、治療とも専門医に依頼することが望ましい。
 
※「臨床のポイント」は監修者による執筆です。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための検査例
  1. 病変を10~30倍に拡大して観察する検査が、正確な診断に役立つことが多い。
  1. ゆっくりと拡大する、不整な辺縁を有する浸潤の少ない境界明瞭な紅褐色局面である(<図表>a)。
  1. ダーモスコピーでは、小点状血管が比較的規則的に分布しているが(<図表>b)、強拡大にすると糸球体様状血管として観察されるものもある。
○ 初期評価のため1)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

ボーエン病:足背部の紅褐色局面
著者校正/監修レビュー済
2016/06/10