• 皮膚 の他のコンテンツを見る
扁平母斑

著者: 福本隆也 福本皮フ病理診断科

監修: 戸倉新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科

著者校正/監修レビュー済:2019/08/01

概要・推奨  

  1. 日本では、神経線維腫症I型(NF1、レックリングハウゼン病)にみられるカフェオレ斑(café au lait macule)とNF1に関連しない扁平母斑nevus spilusを分ける傾向があるが、欧米ではすべてカフェオレ斑と呼ぶことが多い。
  1. 小児期に6個以上の扁平母斑がある場合は神経線維腫I型を疑う(six spots criteria)。
  1. 効果の定まった治療はない。レーザー治療の効果は不定なので、治療を希望する場合は専門医に紹介することが推奨される。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、治療について加筆修正を行った。 


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。