顎変形症 :トップ    
監修: 近津大地 東京医科大学
原田清 東京医科歯科大学 顎顔面外科学

概要

疾患のポイント:
  1. 顎変形症とは、顎顔面変形症に含まれ、頭蓋および顎顔面骨格、軟組織で構成される顔の輪郭、咬合状態などに高度の異常を伴うものである。
  1. 顎変形症には以下の臨床的分類がある。
  1. 大臼歯咬合関係Ⅱ級のもの:骨格性上顎前突症、骨格性下顎後退症
  1. 大臼歯咬合関係Ⅲ級のもの:骨格性下顎前突症、骨格性上顎後退症
  1. オトガイの側方偏位が大きい場合:顔面非対称
  1. 上下顎の歯列が垂直的に離開している場合:開咬症
 
診断: >詳細情報 
  1. 変形の主体がどこに存在するかを吟味するために、頭部X線規格写真の分析を行う。
  1. 顔貌の左右対称性、顔貌の前後的、上下的な位置異常の評価、前後的、上下的な位置異常を評価する。側面頭部X線規格写真では、その分析結果をポリゴン表と呼ばれるグラフで表記し、各種計測項目が統計学的に±1 S.D.を超える場合を異常として診断する。
  1. 正面頭部X線規格写真:<図表>
  1. 側面頭部X線規格写真:<図表>
  1. プロフィログラム:<図表>
  1. ポリゴン表:<図表>
 
重症度・予後評価: >詳細情報 
  1. 変形の程度が著しい顎変形症については、術後の安定性に劣ることが多く、術後長期の咬合に変調を来しやすい。
 
治療: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

顎変形の主体がどこにあるかを吟味するための画像検査
  1. 受け口であっても、真に下顎が前突しているのか、あるいは上顎が後退していて受け口に見えているだけなのかはわからない。真に下顎が前突しているのであれば、下顎骨を手術的に後退させる必要があるし、上顎が後退しているのであれば、上顎骨を手術的に前方移動させなければ患者の顎態は正常に近づかない。この問題を解決するためには、画像をトレースして骨格基準点をプロットし、それら計測点が、平均的な位置と比較して、どの方向にどの程度ずれているかを評価する必要がある。顎変形症の診断において、このステップが最も重要である。
  1. 頭部X線規格写真の分析
  1. 正面頭部X線規格写真では顔貌の左右対称性を吟味する。<図表>
  1. 側面頭部X線規格写真では顔貌の前後的な位置異常を吟味する。<図表>
  1. 側面頭部X線規格写真では、その分析結果をポリゴン表と呼ばれるグラフで表記し、各種計測項目が統計学的に±1 S.D.を超える場合を異常として診断する。<図表>
  1. プロフィログラムを作成して顔貌の前後的な位置異常を観察する。<図表>
  1. 上下顎歯列の印象を採得し、咬合状態を精査する。<図表>
  1. 必要に応じてCTを撮影し、三次元構築画像の作成<図表>もしくは三次元実態模型を作製<図表>して患者の顎顔面形態を精査する。
〇 顎変形症の診断・治療においては下記の検査をすべて行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

顎変形症治療フローチャート
パノラマX線写真
側面・正面頭部X線規格写真
シューラー氏法
眼窩下顎枝方向撮影
ウォーターズ法
頭部軸位X線写真
正面頭部X線規格写真分析
側面頭部X線規格写真分析
プロフィログラム
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01


詳細ナビ