先天性股関節脱臼(小児科) :トップ    
監修: 渡辺博 帝京大学医学部附属溝口病院
中村茂 帝京大学医学部附属溝口病院 整形外科

概要

疾患のポイント:
  1. 先天性股関節脱臼とは、新生児、乳児に好発する股関節疾患である。脱臼しやすい状態から脱臼までの総称であり、臼蓋形成不全、亜脱臼、脱臼が含まれる。新生児期から乳児までの発育過程で、脱臼しやすい状態から脱臼までの間で病態が移行することがある。
  1. 発生率は、出産1,000に対して1~3である。男女比は1:5~1:9であり、女児に多い。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断は診察の結果と両股関節正面単純X線の結果により行う。超音波検査を追加することもある。
  1. 新生児の診察方法として、クリック徴候(Ortolaniテスト、Barlowテスト)がある。しかし、信頼性に乏しく、診断上の価値は低い。また、乳児の診察では、脱臼側は、屈伸方向は自由に動かすが、開排運動が乏しい。また、脱臼側の大腿内側の皮膚溝(皺)は皮膚溝の数が多く、溝が深く、大転子と坐骨結節との間隔が広い。また、Allis徴候(仰臥位両膝を揃えた際に脱臼側の膝の高さが健側より低くなる徴候)を認め、両下肢の開排角度左右差を認める。
  1. 次いで、両股関節正面単純X線撮影を行う。6カ月未満の乳児では大腿骨の近位骨端核は未出現のため、骨頭の位置を直接知ることはできない。そこで、補助線を利用して診断する、曲線の補助線は、Shenton線、Calvé線である。どちらも単独で曲線の乱れの有無を判定する。一方、直線の補助線は、Hilgenreiner線、Ombrédanne線などがあり、互いに直交する2つの線を書いて座標とし、大腿骨頚部の位置を判定する。
  1. 両股関節単純X線像 左先天性股関節脱臼の所見・用語説明(10カ月女児):<図表>
  1. 両股関節単純X線像 左右ともに正常関節の所見(7歳女児):<図表>
 
重症度・予後評価: >詳細情報 
  1. リーメンビューゲル装具を全例に装着した場合、整復率は80~85%である。
 
治療: >詳細情報 
  1. 臼蓋形成不全のみであれば、装具なしで経過を観察する。
  1. 亜脱臼あるいは脱臼であれば、治療が必要である。初…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 新生児の診察方法として、クリック徴候(Ortolaniテスト、Barlowテスト)がある。しかし、信頼性に乏しく、診断上の価値は低い。また、乳児の診察では、脱臼側は、屈伸方向は自由に動かすが、開排運動が乏しい。また、脱臼側の大腿内側の皮膚溝(皺)は皮膚溝の数が多く、溝が深く、大転子と坐骨結節との間隔が広い。また、Allis徴候(仰臥位両膝を揃えた際に脱臼側の膝の高さが健側より低くなる徴候)を認め、両下肢の開排角度左右差を認める。
  1. 次いで、両股関節正面単純X線撮影を行う。6カ月未満の乳児では大腿骨の近位骨端核は未出現のため、骨頭の位置を直接知ることはできない。そこで、補助線を利用して診断する、曲線の補助線は、Shenton線、Calvé線である。どちらも単独で曲線の乱れの有無を判定する。一方、直線の補助線は、Hilgenreiner線、Ombrédanne線などがあり、互いに直交する2つの線を書いて座標とし、大腿骨頚部の位置を判定する。
  1. 両股関節単純X線像 左先天性股関節脱臼の所見・用語説明(10カ月女児):<図表>
  1. 両股関節単純X線像 左右ともに正常関節の所見(7歳女児):<図表>
○ 1)にて診断する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

乳児にリーメンビューゲル装具を全例に装着した場合
リーメンビューゲル装具
観血整復術の比較
両股関節単純X線像 左先天性股関節脱臼の所見・用語説明(10カ月女児)
両股関節単純X線像 左右ともに正常関節の所見(7歳女児)
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01