無気肺 :トップ    
監修: 長瀬隆英 東京大学 内科学専攻器官病態内科学講座
桂秀樹 東京女子医科大学 八千代医療センター呼吸器内科

概要

ポイント:
  1. 無気肺とは、肺組織が虚脱し、肺の含気の減少した状態である。
  1. 無気肺は胸部X線などの画像所見で診断される。閉塞性無気肺では急速に気道閉塞が進行する場合には、胸痛、呼吸困難、低酸素血症などの症状が認められることがあるが、気道狭窄が緩徐に進行する場合には無症状で、胸部X線などの画像検査で発見されることも少なくない。

診断: >詳細情報 
  1. 無気肺の存在診断は、画像検査で、含気を失った罹患肺葉は濃厚なくさび型陰影として認められる。典型的な肺葉性無気肺の場合、図に示したような所見をとる(<図表><図表><図表><図表><図表><図表>)。 また、無気肺によって生じる位置の偏位や濃度の変化を来す無気肺周辺の変化を間接徴候とよび、①横隔膜挙上、②縦隔(気管や心臓など)の無気肺側への偏位、③代償性肺過膨張、④肺門の異常、⑤肋間腔の狭小化などを認めることもある。
  1. 特に高度の肺葉性無気肺の場合、虚脱肺が縦隔や心陰影に重なり、直接徴候を読み取れないことがあるので、間接徴候に注目する。
  1. 原因は、気管支内腔病変により気管支の閉塞を来した閉塞性無気肺と、閉塞を来さない非閉塞性無気肺に分けられる。
  1. 閉塞性無気肺はなんらかの原因で気管支が狭窄した場合に生じる。原因としては、肺門部の扁平上皮癌などの原発性肺癌、粘稠な分泌物による術後無気肺やアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の粘液栓による気道の閉塞、気管支結核、異物などが含まれる。閉塞性無気肺の最も多い原因は肺門型肺癌である。喀痰細胞診や腫瘍マーカーに加えて、喀痰培養(細菌、抗酸菌)などを実施し、確定診断が得られない場合には、気管支鏡による気管支の内腔観察、生検、気管支洗浄による細胞診、培養検査を施行する。
  1. 非閉塞性無気肺の原因としては、慢性炎症や気管支拡張などによる肺実質の荒廃、胸水の圧排による受動性無気肺、円形無気肺などが含まれる。

治療: >詳細情報 
  1. 無気肺を生じた原因の治療を行う。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時無気肺の有無を確認するための検査例
  1. 咳嗽、喘鳴、血痰、呼吸困難などの無気肺を疑う症状があった場合、無気肺の有無を確認する。
○ 無気肺を疑う臨床所見があった場合は、下記の検査を考慮する。1)を第1選択とする。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

無気肺診断のアルゴリズム
肺葉性無気肺の胸部単純X線写真の所見
右上葉の無気肺の胸部単純X線写真
右中葉の無気肺の胸部単純X線写真
右下葉の無気肺の胸部単純X線写真
右下葉の無気肺の胸部単純X線写真
左下葉の無気肺の胸部X線単純写真
肺癌による右上葉の無気肺
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20