外耳炎・外耳道湿疹

著者: 小川洋 福島県立医科大学会津医療センター耳鼻咽喉科学講座

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2019/09/20
参考ガイドライン:
Clinical Practice Guideline: Acute Otitis Externa Otolaryngology—Head and Neck Surgery Volume 150, Issue 1_suppl, February 2014, Pages S1-S24

概要・推奨  

  1. 慢性の外耳道炎、外耳道湿疹は全身的な皮膚疾患に伴うことがある。乾癬やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎が原因となっているものに関しては問診、パッチテストが必要となる。
  1. 急性限局性外耳道炎と急性乳様突起炎どちらも外耳道が腫脹し耳介が変位することがあるが、起因菌の頻度が異なること、治療方針が異なることから鑑別が重要となる。
  1. 通常急性外耳道炎の場合真菌感染の頻度は10%程度と低いが、これらは通常の治療に抵抗するため、このような場合には真菌感染を強く疑い、真菌に対する治療を行う。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い2014年に改訂された米国のガイドラインをもとに加筆訂正した。

ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!